「老眼」 倉田 佳明
2020年11月12日

5年ほど前から目が見えづらくなってきました。

子供の頃から視力には自信を持っていたのですが、老化には抗えません。

そう、老眼です。

細かいものを見ようとして、近くに持ってくると、見えない。

見やすい位置まで離すと、細かいのでやっぱり見えない。

ストレスたまります。

そもそも、なぜ老眼(老視)になるのか。

加齢とともに、目の水晶体という「レンズ」が硬くなったり、

ピント調整をする毛様体筋が弱まったりして、

近くを見るときにピントが合わなくなることが原因です。

手術で細かいことをする時には、医療用のルーペを使うので問題ありません。

困るのは、抜糸とか本を読む時とか。

最近は、いわゆる「老眼鏡」をかけるようにしています。

でも元々眼鏡をかけたことがないので、違和感ありますし、

どこかに置き忘れることもしょっちゅうです。

眼鏡が自分の「顔の一部に」なる日は来るのでしょうか。

投稿者外傷センター長 倉田 佳明