「アウフグース」 近江 諭
2020年11月04日

コロナの影響で自粛していますが、非日常に身を置き日常を確かめるサウナ好きです。

高温の室内で汗を流し我慢に我慢を重ねること10分強、次に水風呂、休憩を数セット繰り返し「ととのう」感覚に身を委ねます。

タイトルの「アウフグース」とはドイツ語で"コーヒーなどを沸き出す"という意味で、熱せられた石に水をかけて、蒸気を発生させ、タオルなどを振り回し、ほどよい熱風をかけて一気に汗をだすプログラム。快適な熱の波とマイナスイオンを発生させて、リラクゼーション効果を高めます。

汗を流した後の水分補給を求めるでもなく純粋に汗を流す行為にテンションを上げる変わり者ですが、これがまた熱い!それでも、決められたルールでもないのに求めてしまうほど感覚が麻痺しています。

何故、そのような苦行?に耐えるのか。「そこに山があるから」で有名な登山家のジョージ・マロリーになぞらえて、「そこにサウナがあるから」と愚考にたどり着き、訪ねられたら答えようと考えますが、これが全く聞かれません。

また、サウナ室を眺める子供の一言にはっとさせられます。ねえ、パパあの人たち何を競っているの?純粋な好奇心、いや疑問に対して何の時間なのか「そこにサウナがあるから」なんて答えても理解されないでしょう。心の中で将来わかるようになるかもしれないよ、と答えにならない思いを抱くのでした。

コロナの影響で自粛していますが、早く気兼ねなく通える日が待ち遠しく思います。

投稿者病歴管理室 近江 諭