心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「親孝行」 

投稿日時:2016年12月1日 13:56 木曜日

もうかなり前ですが、テレビを見ている時に、納豆で親孝行な食べ方ができる!という内容の放送をしていました。自分は納豆がとても大好きで毎日食べています。そのテレビを見る前は、納豆とごはんを混ぜて食べていましたが、それ以来、親孝行な食べ方を毎日実践しています。

納豆の一番の欠点は何だと思いますか?納豆が嫌いな方は、匂いだったり食感だったり色々だと思います。自分が思う欠点は匂いでもなく食感でもありません。それはあのネバネバです。食べている時は全く気になりませんが、食器にこびりついたネバネバは洗うのも一苦労。スポンジにネバネバがついてしまえばなかなか取れず苦労します。

食器を予め水洗いしてネバネバを取ってから・・・とか色々方法はあるかと思いますが、ここで一工夫すれば、まったくネバネバが気にならなくなります。
答えは、非常に簡単なことですが、納豆を食器の淵につかないように食べるのです。そうすれば、食器にネバネバがついていませんから、洗う時に全くストレスがありません。納豆とごはんを別々に食べる方法もありますが、やっぱりごはんにかけて一緒に食べる方が美味しい。

みなさん、納豆をごはんにかけて混ぜて食べていませんか?一工夫すればご家族からきっと感謝されること間違いありません。ごはんを食べる時も優しさを。

投稿者:外来看護師 K

前の記事へ 次の記事へ