心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「私の職場の愛すべき人たち」 ICU副主任 上島 智子

投稿日時:2012年2月7日 10:55 火曜日

皆さん、こんにちは。ICUです。

私がここICUで勤務して11年が過ぎようとしています。
10年前は、男性看護師が1名でしたが、2年前に2名の男性看護師、去年は1名の男性看護師が配属になり現在は、4名の「ナースマン」が働いています。

男性看護師はまだまだ世間には広まっていないことも多く、時に患者さんから看護師と思ってもらえず、「先生」と呼ばれている姿を見ることもあります。
しかし、「女性の看護師さんはみんな同じように見えて名前と顔が覚えられないけど、昨日の男性看護師さんの○○さんはわかるよ」など顔と名前を覚えてもらうことも早かったりします。
患者さんが女性だと体を拭いたりするときに「女性の看護師さんお願い」と言われることもありますが、逆に若い男性の患者さんが入院すると「男性の看護師さんがいいです」と言われることもあります。持ちつ持たれつ、助け合ってお互いに頑張っています。

看護師にとって「患者さんによくなってもらいたい」その気持ちは男性も女性も変わりありません。女性の看護師だからわかること男性の看護師だからわかること、これからも仲良く看護をしていきたいと思っています。男性がいると固くて回らないネジを回してくれたり、重い物を運んでくれたり助けられる場面も多いです。

当院のICUでは、夜勤を4名の看護師で行っています。いつか夜勤看護師全員が男性看護師・・・なーんて日もあるのかもしれません(笑)

投稿者:ICU副主任 上島 智子

前の記事へ 次の記事へ