心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「私が看護師になった理由」 在宅医療室主任 熊谷 志信

投稿日時:2011年4月19日 08:15 火曜日

そうですね、中学生の進路を決める時には 【看護師になろう】って決めていましたね。今考えると何故なんでしょう?
ただ、自分はOLとかは全然むいてないと思っていました。
会社に行き事務仕事をして帰宅・・想像できなかったですね。もっとクリエイティブな仕事?中学生では想像もつきませんでした。
ただ1つ、何故だか分かりませんが、結婚しても子どもができても働ける自分でいたかった。もし、何かあっても食べていける力を持っている自分でいたかった。
それには、手に職を持つのがいいだろーなーって漠然と考えたんです。
で、手に職って何があるの?ですよね・・中学生の浅知恵では そんなに幾つも考えられるわけがありません。
そんな時小学生入学前の自分を思いだしました。
小さい頃の私は、虚弱体質でよく肺炎を起こしたりして、1年の半分位は入院生活 あとの半分は通院と言う様な生活を送っていたのです。これだ!と思いましたね。
何がなんだか良く分からないけど【看護師になろう】と思った瞬間です。
両親もこの子は突然何をいいだすの・・・あなたはお世話をするよりされる方じゃないの?と少し呆れ顔でしたが、あーでもない・こーでもないと屁理屈と並べて説得にあたった結果、まぁ 好きな様にやってみなさいって事で、それから先はただひたすらに看護師になるべく一直線でしたねー(笑
今では、あの時突っ走って良かったと思っています。看護師になって良かったって、思っています。

投稿者:在宅医療室主任 熊谷 志信

前の記事へ 次の記事へ