心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「NO TITLE」 6階病棟主任  沼田 早織

投稿日時:2009年12月17日 09:35 木曜日

少し前の話になりますが、私8月21日から10月20日まで屋久島へ行ってきました。
何をしに行ったかって?仕事です・・・。
今年からキャリアアップ研修という制度が始まり、せっかくなので北海道から遠いところに行ってみたいなと思い屋久島徳洲会病院での研修希望を出しました。目的は「僻地・離島の医療を知る」です。
関東より南には旅行でしか行った事なかったので、向こうの気候や食べ物が合わないんじゃないかと心配はありましたが、新しい出発のような気持ちでドキドキワクワクでした。
屋久島は月のうち35日雨が降ると言われるぐらいほとんど毎日雨降りとのことでしたが、私が行ったときは異常気象のせいなのか?雨はホント2~3日しか降らず、台風は1つしか上陸しませんでした。
台風は北海道はほとんど上陸しないので札幌育ちの私にはとてもスリリングなものでした。なんせ、屋久島徳洲会は海と山に囲まれたところにあるので通勤は大荒れの海沿いを車で走っていかなくてはいけないので、いつ波にさらわれるんじゃないかと恐怖で一杯でした。
でも、ダイビングしたり山に登って屋久杉をみてパワースポットで癒されたり屋久島ライフを満喫してきました。
もちろん仕事もきちんとしてきましたよ。
島はやっぱり高齢者が多く、施設の数も十分とは言えず障害を抱えながら自宅で夫婦2人暮らし・・なんて当たり前でした。バリアフリーとは程遠い、昔ながらの造りの家で精一杯自分らしく生活されておられました。
スタッフも意外と札幌出身者が多くいて、安心でした。
とりとめのない話になってしまいましたが、長くなってしまったのでここら辺で終わります。
皆さんも機会があったら是非世界遺産の屋久島に遊びに行ってみて下さい。

あの自然はすばらしいですよ!!

投稿者:6階病棟主任  沼田 早織

前の記事へ 次の記事へ