心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「NO TITLE」 訪問看護室副主任  藤原 めぐみ

投稿日時:2009年10月14日 09:20 水曜日

今、新型インフルエンザが流行しています。札幌市内の幼稚園や小学校は学級閉鎖や学年閉鎖になっているところが多数あります。我が家でも、幼稚園と小学校に通う息子が、次々とインフルエンザにかかりました。
インフルエンザと診断されて、いつも、お世話になっている、保育園・幼稚園・学校・学童クラブ・習い事の先生、そして自分の職場に連絡をとり、今後の動向について相談しました。その時、皆さんは最後に必ず、「お大事にしてください」と言葉をかけてくださいました。普段、自分が言っている言葉ですが、こんなに、温かい言葉だったのかと改めて思いました。これからは、今まで以上に心を込めて言うべき言葉だと感じています。
タミフルを飲んで2日ほどで熱が下がっても、全部で5~6日間の自宅療養が必要な事と、私も感染している可能性があるため、休みをとることになり、同部署の皆さんには大変、迷惑をかけました。ありがとうございました。
手洗いやうがいは毎日行い、気をつけていても、なる時はなるものですね。しいて言えば、料理のあまり得意ではない私は、給食をしっかり食べていれば大丈夫、などと安易に考え、夕食がかなりの手抜きなので、そのせいかもしれないと、少し、反省しています。元気な家族あっての、仕事ができる自分がいるので、今後はもう少し考えて準備しようと思います。手洗いやうがいをし、栄養と休養をたっぷりとり、ウイルスに負けない身体作りをしましょう。

投稿者:訪問看護室副主任  藤原 めぐみ

前の記事へ 次の記事へ