心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「NO TITLE」 外来主任  藤橋 朋美

投稿日時:2009年9月30日 09:17 水曜日

私は今年6月、産後2ヶ月半で職場に復帰しました。
妊娠・出産・育児という初めての経験をし、日々小さな事に躓きながらも、周りの人に支えられ、仕事をさせてもらっています。
(皆さんいつも親切にしてくれてありがとう!)

ちょうど今、外来は妊娠・出産ラッシュで、ちょうど同じ時期に出産した人や、孫が産まれたスタッフもいて、育児の悩みをその幅広い年代のママ友に相談しています。
面白いもので、子供一人一人皆それぞれ個性があり、発育・発達が異なります。
当たり前と言われてしまえばそれまでですが、こんなに小さいうちからでも自我があるんだな、と感心します。

最初産まれた時は、「健康な子であればそれで良い」と言っていたはずなのに、育脳おばあちゃんの久保田かよ子さんのテレビを見れば、その気になって「いないいないばぁ」をする私。
夫も「赤ちゃん言葉は使うな」と訓示を出してみたり。
そんな親の欲目なんてどこ吹く風。

我が子は今日も新聞を食べ、ハイハイが出来ないので寝返りで、縦横無尽に部屋をゴロゴロ転がり続けています。
お願い、怪我だけはしないでね・・・・。

投稿者:外来主任  藤橋 朋美

前の記事へ 次の記事へ