「子供たちの成長」 山崎 寛史
2016年08月03日
 「子供の成長は早い」とよく言いますが、本当に早いもので、ついこの前産まれたと思った長女はもう2歳になり、6月には長男が産まれ、我が家は、私と妻、子供2人の4人家族となりました。弟が生まれ、よほど嬉しいのか長女は2歳ながらにして、いろいろと面倒を見ようとしてくれています。まだまだ出来ることは少ないのですが、微笑ましく見守っています。
 
 また、弟が生まれる前から赤ちゃんが好きで、外出時に赤ちゃんを見かけると「あ!赤ちゃんかわいい!」とよく言っていました。動物の赤ちゃんも大好きで、テレビ番組なども食い入るように見ています。そんな時は「やっぱり女の子なんだな」と思うのですが、少しだけ心配なことがあります。それは長女の言動がなんとなく男の子の様になるときです。元気なことは良いことなのですが、自分としては、もう少し女の子っぽくなってくれると嬉しいと思っています。

 これから長男もドンドン大きくなって来るので、長女は女の子らしく、長男は男の子らしく成長してくれることを願いつつ、より一層我が家が賑やかになることを楽しみにしています。

投稿者医療福祉連携室副主任 山崎 寛史
「夏といえば・・」 小野寺 智亮
2016年07月27日
夏です!とても気持ちのいい季節となりましたね!本州の湿気を伴った暑さとは異なり,北海道の夏はとてもカラッとしていて過ごしやすいといいます.
そんな夏の日本では北海道でしか出来ないものがあります.それは「マラソン」です.本州では暑すぎて屋外のマラソン練習は専ら朝・夕となりますが,北海道では日中も練習している人をよく見かけます.

「北海道マラソン」は夏に行われる国内唯一のフルマラソン大会として知られています.札幌市内中心部を交通規制して行なわれるので関係ない人にはとっても迷惑ですが,道内の市民ランナーにとっては年間を通して一番の大イベントです.その経済効果は25億円と言われています.めちゃくちゃ速い招待選手や有名選手,たくさんのランナー(2万人),大勢のボランティアの方々(4千人),沿道の沢山の応援などなど,普段の生活では決して味わうことのない環境と興奮の中で走ることが出来ます.走っている最中は「なんでこんなことをしているのだろうか」と自問自答することもしばしばありますが,ゴールした後の達成感はなんともいえません.

走った後の自分へのご褒美は「コーラ」です!もちろん一気飲みです.めちゃくちゃ強い炭酸の刺激,適度なカロリー(500mlあたり225kcl),たくさんの糖分(55g)、ほどよいナトリウム(7mg)などなど,走ったあとに飲むものとしてコーラは最適かつ優秀なのです.私はコーラをいつもより美味しく飲むために走っているといっても過言ではありません.昨年の北海道マラソンは体調不良もあり満足のいく結果ではありませんでしたが,そんな時でもコーラは私の心と身体を癒してくれるのでした.

コーラが今まで苦手だった人でも,この機会にマラソンを始めてみたらいかがでしょうか?きっとコーラが好きになるはずです.なお,運動中はきちんとしたスポーツドリンクでしっかりと水分補給をしましょう.

投稿者リハビリセンター副主任 小野寺 智亮
「幸せな時間」 小山内 康晴
2016年07月21日
 先日の連休に、今年4月に室蘭工業大学に入学し、一人暮らしを始めた息子のアパートに妻と泊まりで行って来ました。
行く前からインターネットで室蘭観光名所、名物な食べ物を調べて、室蘭カレーラーメン、室蘭やきとり一平、観光名所は、夜景ライトアップ工場を船に乗ってクルージング、地球岬、白鳥大橋を見る事などを予定していました。

  本音は、親なので
  (1)一人暮らし生活をどのようにしているのか。
  (2)息子に美味しい物を食べさせたい。
  (3)室蘭は坂の町で自転車では市内を観光できないので、名所に連れて行ってあげたい。
  (4)息子の初アルバイト先「セブンイレブン」での様子を見る。
  
 以上4点が主な目的です。
行った二日間、あいにくの雨、霧で綺麗な海、岬からの絶景風景等は見る事ができませんでしたが、家族一緒に行動、見学、美味しい物を食べる事が出来た事、アルバイトの様子を客を装って見る事ができた事が、最高の「幸せな時間」でした。

投稿者メディカルクラーク係長 小山内 康晴
「年に一度の楽しみ」 中島 典子
2016年07月13日
私は毎年、石狩で行われている音楽イベントに参加しています。2005年から行っているので今年で13回目になります。

このイベントは金曜日の午後から日曜日の朝にかけて行われ、みんなで音楽を聴きながら
朝日を見ようというものです。
会場の広さは札幌駅からすすきのぐらいまでの広さがあり、その中にいくつかのステージやたくさんの飲食店が出店され、見たいアーティストがやっているステージへ歩いて移動、途中で食事をしたり休んだり、そしてまたライブが終われば次のステージに移動してライブを楽しむといった感じです。野外なので天候に左右されますが、雨が降るのも、猛烈に暑いのも過ぎてしまえばいい思い出になります。

初めて参加した年はよくわからない状態で行ったため、テントの準備もなく寝袋で野宿をしました。翌日は朝から仕事だったので眠らなくては・・と思うもののライブの音が聴こえてきて気になってあまり眠れず不眠のまま仕事へ行きました。
若さでなんとか・・・と思っての弾丸スケジュール、疲労と眠気で大変な思いをしました。もうこんな無茶はしちゃいけないと猛省しました。最近はちゃんと休みつつ楽しめるようになったので快適に過ごしています。
疲労度が高いためあと何年行けるか微妙ですが、行けるとこまで行きたいと思います。

自然の中でキャンプしながら、焼肉を食べ、ライブを見てどろどろになって帰る。
私にとって最高のイベントです。
皆さんも楽しい夏をお過ごしください。

投稿者総務課係長 中島 典子
「私のおすすめスイーツ」 富樫 輝夫
2016年06月29日
今年の2月に長男が誕生し、家事、育児に追われ、忙しくも楽しい毎日を過ごしております。ただ、これまで趣味として行ってきた「温泉」、「登山」、「ガーデニング」、「食べ歩き」が少し難しくなってきました。
最近はもっぱらテイクアウトして自宅でB級グルメを楽しんでおります。そこで、ここでは私のおすすめのリーズナブルなスイーツを5つご紹介したいと思います。

1つ目は平岸の「クローバー」のクレープです。
ここのクレープはとにかく生地が美味しいです。モチモチしていて、カスタードとの相性が非常にいいと思います。『イチゴカスタードミルフィーユ』がおすすめです。幌平店もあります。

2つ目は北区太平の「たいやき札幌柳屋」です。
ガスで1枚ずつ型を使用して焼き上げるスタイルは、札幌ではここだけではないでしょうか?味は勿論ですが、お店の大将のお人柄も素晴らしいです。

3つ目は発寒の「おかめや」の角食です。
角食なのでスイーツではないですが、軽くトーストし、お好みのジャムやハチミツをかけると極上のスイーツとなります。焼かずに、そのままでも十分美味しいです。

4つ目は江別の「イルマットーネ アルル」のシュークリームです。
江別産の小麦と町村農場の特選牛乳を使用しているにもかかわらず、お値段なんと108円!しかも大満足のボリュームで、お店の経営が心配になります。

5つ目はエスタの「一〇八抹茶茶廊」の緑のおやきです。
私は抹茶が得意ではないのですが、ここのおやきは別モノです。見た目も綺麗で、ちょっとしたお土産に喜ばれると思います。この時期はエスタ屋上の「そらのガーデン」で、おやきを片手にのんびりするのもいいと思います。

今回はいずれもコストパフォーマンスの高いお店を選んでみました。機会があれば、その他のグルメ編、温泉編などもご紹介したいと思います。

投稿者視能訓練室長 富樫 輝夫