「地頭(ジアタマ)への憧れ」 小笠原 卓
2021年03月15日

僕の半生は自分の要領の悪さとの格闘だった気がする。物事の理解力が特に悪いわけではないと思うが、運動神経はかなり悪く、全体的にみると少し鈍臭い奴だった。親戚に"カカシ"と称された時は凹んだ。父は優秀で、運動神経もよく、子ども心に自分で勝手に比較して凹んだ。

小学校のクラスではよく発言する方だったので成績も決して悪くはなかったが、"地頭がいい"クラスメイトが2-3人いて、自分が思いつかないような回答など中々鋭い発言をしていくのを横目にみて歯噛みした。しまいには、質問の答えがまだ思いついてないのに(負けたくないので)勢いよく挙手して、結局答えられないという(かかなくてもよい)恥をかいたこともある。

 中学校に入ってもやっぱり周りに"地頭がいい"人が必ずいた。いち早くテストの答えを解く人や話していると頭の回転が早い人が必ずと言っていいほどいるのである。中学校はあまり学校の授業を聞いてなかったから、高校受験のための勉強は全て塾頼りであった。塾にも行かず学校の授業を聞くだけでよい成績を取れる人たち(つまり"地頭のいい")がいると知って、すごく羨ましかった。

 高校2年生になって初めて医学部進学を志した。近い親戚に医者は一人もおらず、医学部受験の難しさを誰もアドバイスしてくれなかった。文系の科目が得意だったので(というか数学が苦手だったので)、学校の先生は文系に進んだらどうかと勧めてきた(余計なお世話だ)。高校のテストでは3年間通じて、どうしても勝てない人が10人はいた。高校では自分もたくさん勉強したのだから、この10人は僕より"地頭がいい"のだろう。

 2浪の末医学部に合格した。合格に時間がかかったのは、勉強のスタートの遅さというよりは要領の悪さだろう。合格した時に涙した、「これで学力に関して(頭の良さに関して)他人と比較しなくて済む」と。それは甘かった。医学部では現役で合格した"地頭のいい"人達が沢山いたのだ。えー...ちょっと話が違うし...。

 しかし齢40近くになってみると"地頭"の差って何かそこまでこだわる必要があるのかとも思い始めた。世間で言われる"地頭の良さ"って、いわゆる記憶力や問題処理解決能力の速さ・正確性を主に指しているのではないかと思う。けど、人間の頭のよさって果たしてそれだけですかね?

例えば、たまにテレビでIQ 180の天才("地頭がすごくいい")が出て(ああなりたいと心底羨ましく思うんだけど)、じゃあそういう人が、仮に与えられた高難易度の試験を満点で回答するとしても、地球温暖化や少子高齢化などの答えの無い問題を満点で回答できるのだろうか?世界の貧困問題を今すぐ解決できるのか?おそらくできないでしょう。誰だってできません。

 「十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人」という言葉だってある。冷静に俯瞰するとかなり"酸っぱい葡萄"感が満載の文面になったが、言いたいのは、何か物事を為そうと考えた時、自分の"地頭"の無さを嘆き他人との頭の出来を比較するのではなく、地頭の差を乗り越える、物事をやり抜く強い意志や気概があるかどうかが大事ではないか、ということである。

 ちょうど受験シーズンに依頼のあったエッセイだったので、徒然にこんなことを思った。自分もひと時、それなりに苛烈な受験時代を過ごしていたのだが、今となっては何となく懐かしい。現在頑張っている受験生諸君の多少の参考になれば幸いである。

投稿者小児科医長 小笠原 卓
「コロナ鬱と運動・散歩 ―脳を鍛えよう― 」 岡 敏明
2020年11月16日

 新型コロナウイルス感染症の影響で、いわゆる「コロナ鬱」が増えているらしい。私自身も古希となり、軽度の「やや鬱」状態が、春先から続いている。

 「このままではいかん」と思い、野幌原生林の散歩を増やした。週に12回、1周約1時間のコースを回るようにしている。効果ははっきりしないが、落ち葉が敷き積められた木々の間の小道を、落ち葉を踏み踏み歩くのは、楽しい。今は紅葉の季節で、木々の間から見える空も、綺麗だ。味をしめ、次は藻岩山にも登りたい、と思っている(トレッキングシューズも買った!)。しかし、もうすぐ雪の季節。今年中の藻岩山登山は無理かもしれないが・・・。

 夜の散歩も、なかなか良い。コロナの影響で、夜に家の周りを歩く人は少ない (日中は散歩するご夫婦や、ランニングする若者が増えてきたが)。夕食後、家の周囲の人気のない暗い道を黙々と歩いていると、非日常感が尋常ではない。ただし、「怪しい人」と思われない様に、なるべく元気そうに、スタスタと歩く必要がある。一時中止となっていたピラティス教室も再開された。今は週1回、夜のピラティス教室に通っている。

「脳を鍛えるには運動しかない」という説もあるようで、運動は呆け防止にも良いようだ。今後冬に向けコロナウイルス感染症がどうなるか予測できないが、皆様も取りあえず出来る事、自分にとって楽しい運動や散歩などを、少しずつでもコツコツと続け、脳を鍛えることを、おススメします。

継続は力。頑張りましょう。

11.17.jpg

落ち葉が敷き積められた野幌森林公園の散歩道。紅葉の木々の間から見える青空と白い雲。

投稿者小児科臨床顧問・血友病センター長 岡 敏明
「老眼」 倉田 佳明
2020年11月12日

5年ほど前から目が見えづらくなってきました。

子供の頃から視力には自信を持っていたのですが、老化には抗えません。

そう、老眼です。

細かいものを見ようとして、近くに持ってくると、見えない。

見やすい位置まで離すと、細かいのでやっぱり見えない。

ストレスたまります。

そもそも、なぜ老眼(老視)になるのか。

加齢とともに、目の水晶体という「レンズ」が硬くなったり、

ピント調整をする毛様体筋が弱まったりして、

近くを見るときにピントが合わなくなることが原因です。

手術で細かいことをする時には、医療用のルーペを使うので問題ありません。

困るのは、抜糸とか本を読む時とか。

最近は、いわゆる「老眼鏡」をかけるようにしています。

でも元々眼鏡をかけたことがないので、違和感ありますし、

どこかに置き忘れることもしょっちゅうです。

眼鏡が自分の「顔の一部に」なる日は来るのでしょうか。

投稿者外傷センター長 倉田 佳明
「星空」 斉藤 琢巳
2020年11月02日

今年の夏は8歳の息子とよく天体観測をした。きっかけは

息子「あの星、明るいね」

私「あれは木星だと思うよ」

息子「木星???」

みたいなことがあり、興味を持ったらしい。

札幌の夜は明るくて星が見えにくいのだが、木星は大きくて明るいのでかなり目立つ。そしてその隣には土星が小さく光っている。

私が幼少時代に祖父からもらった双眼鏡(ほぼ40年物)を息子にプレゼントしたところ、望遠鏡が欲しいと言い出したのでビッ〇カメラで初心者用のものを購入(親バカ)。

私の幼少期には、兄のおさがりの望遠鏡があったのだがうまく使いこなせず、あまり活用した覚えがない。しかし、今回購入した望遠鏡はエントリーモデルではあるが、微動装置(顕微鏡のステージを動かすような微動ダイアル)がついており、小さな星も視野におさめやすい。そして、木星の縞模様や、土星の輪、それぞれの衛星(粒状に見える)、火星、月のクレーターなど結構いろいろ観察できて楽しめる。

残念な事に嫁は全く興味がないらしく、もっぱら男二人の世界である。

この先、息子も反抗期に突入し生意気で可愛げがなくなるのだろう。そんな時は星空を見上げ、可愛かった頃の息子を思い出すことにしよう。

さて、今年は火星が地球に接近して大きく見える年。火星の公転軌道が楕円形なのでそうなるらしい。最接近は106日だったが、あいにく曇り空であった。ぴえん

投稿者外科医長 斉藤 琢巳
「英語」 佐藤 康永
2020年10月26日

英語を学ぶようになって、40年以上経つ。大学受験の際には、英語には自信はあったのだが、あれから長い歳月が過ぎ英語を使う機会も少なく、すっかり自信がなくなってしまった。

例年、新年早々に行われる大学入試センター試験の英語に、リスニング問題というNative speakerの話す英語を聞いて問題に答える形式の試験がある。実際に出題された問題の音声をInternetで聴くことが出来るのだが、大変難解である。ちなみにリスニング問題というのは、私の頃には幸いなかったのだが、リスニングではなくヒアリングと名称で呼んでいた気がする。

英語といえば、診療をしていると外国人の患者さんを診察することがある。日本語が通じる方であれば問題はないのだが、片言の日本語しか話せず英語しか通じないような患者さんに遭遇する機会が何度かあった。内視鏡検査などで来院される日程が分かっている場合には、説明するような内容の英語での表現を、例えば『左側を向いて下さいPlease turn to left.』『直腸にポリープがありました。There is a polyp at rectum.』といったように予習しておくのだが、実際に検査をお受け頂き何処まで御理解して頂けたのか心許ない。

『継続は力なり』という言葉がある。やはり大事なのは言うまでもなく、日頃からの慣れと勉強のようである。

投稿者消化器内科部長 佐藤 康永