「五十にして天命を知る」 辻 英樹
2019年09月17日

 今年もリレーエッセイ執筆の季節となった。大体1年に一回同じ時期に順番が回ってくる。今回は50歳を超えて初めてのエッセイとなる。感じていることを書いてみた。

 区切りの年齢となった時、私はいつもあの孔子の言葉を思い出し、その都度自分の境地と比べてきたような気がする。「四十にして惑わず 五十にして天命を知る」 大台に乗った私は、果たして天命を知ることは出来たのだろうか?

 答えはノーである。そもそもこの世の中、「四十にして惑わず」という人もそういないだろう。惑わされてばかりの人の方が圧倒的に多いに違いない。私もそうであった。私がこの忙しい救急病院に来たのが37歳の時。めまぐるしく変化する日常の中、毎日毎日惑わされてばかりだった。であるからまして「五十にして天命を知る」人など、今の日本社会に本当に存在するのか?と思ってしまう。

 今や人生100年時代。超高齢化社会に突入し定年年齢はどんどん引き上げられ、50歳となっても「若手」などと言われてしまう。そんな世の中であるから「五十にして天命を知る」ことなど許されない?背景もあると思うのだ。

 では解釈を変えてはどうだろう。私は今まで「五十にして天命を知る」とは「50歳になったら自分の使命を悟る」というような意味だと思っていた。だからこそ「そんなのまだ無理だ」と思っていた。しかしネットによるとどうもそんな意味ではないらしい。現代と違って孔子の時代は50歳といえばもう老境の時代。つまり「天命を知る」とは今までの生き方ですでに己の限界を知り、諦めよ、ということらしい。この意味なら私でも「天命を知る」ことが出来そうである。髪の毛が薄くなっても、酒が弱くなっても、遠近両用メガネとなっても何も焦ることはなく「諦める」。何事も焦らないで「諦める」ことも肝心なのだ。これが六十:耳順、七十:従心の孔子の境地に入る近道に違いない。

投稿者:副院長・外傷センター部長 辻 英樹
「糸切り歯」 三浦 美文
2019年08月26日

 ネットで昭和の親父言葉、死語なるもの見ていた。使うと年寄り認定されるとか、幾つわかる?とクイズ形式になっていたりします。しかし、悲しいかな知らないものはなく、むしろ懐しく感じられる。実際、親父なのであたり前田のクラッカーです。

 ところで、糸切り歯って分かりますか?若い子の多くは知らないようです。糸切り歯は前から3番目の尖っている歯のことです。犬歯(これも知らない人がいるかも)、八重歯ともいわれます。肉食獣の牙に相当し獲物に致命傷などを追わせる歯です。八重歯は可愛い象徴として取り上げられる時もありますが、これは日本だけです。糸切り歯の由来は、かつてこの歯で糸を切っていたからそう言われています。現代では、歯で糸を切る習慣が無くなったため死語になってきています。

 人間の糸切り歯の本来の役割は何でしょう。咬み合わせや顎の機能から重要な歯で、顎を動かす時にガイドとなる歯です。たとえば、軽く咬み合わせた状態から左右に顎を動かす時にその歯で誘導するのが良いとされています。負担がかかる歯なので根の長さが一番長いです。糸を切るための歯でもなく、八重歯では本来の機能を果たすことができません。糸切り歯の誘導が失われると、それより後ろの歯に過重な負担がかかり悪影響を及ぼすこともあります。それは、奥歯は根の方向に真っ直ぐな力には強いのですが、歯を倒すような横の力には弱いからです。

 軽く咬んで顎を左右に動かしてみて下さい。その時に動かす方向にある糸切り歯を中心に誘導しているかを確認してみて下さい。そうではなく、動かす側と反対の奥の方の歯が当たって、本来接触しているはずの糸切り歯が当たっていない場合は特に注意が必要です。不安な方は、かかりつけの歯医者さんに相談してみると良いでしょう。

投稿者歯科部長 三浦 美文
「奥さんが『スー女』に」 岡 敏明
2019年08月19日

 相撲好きの女性のことを、「スー女」と呼ぶそうだ。実は妻は「相撲大嫌い」で、私がテレビで相撲を見ていると、常に冷たい視線を投げかけていた。

 ところが2年前から突如、スー女に変身。理由はよく分からない。だが相撲のある時期は、突然テレビの前で、一緒に応援するようになった。

 更に、〇〇富士、○○海など力士の名前が出ると、東京農大出身、日大出身、などとすぐ答えられる。変われば変わるものである。しかし「俄か(にわか)ファン」の悲しさ。ある時、取組の前に布のようなものを下に掲げ、土俵の廻りをぐるぐる人が回っている(つまり懸賞金の垂れ幕:正確には懸賞旗)のを見つけ、「あれは何だ」と聞いてきた。懸賞旗といって、1本7万円で応募でき、力士の手取りは1本あたり6万円であることを教えたが、腑に落ちない様子であった。

 いずれにしても、家族の共通の趣味として、相撲はなかなか良いものである。相撲に関心のなかった方も、見だすと家族で楽しめると思います。精神衛生上も、とても良い(競馬と違い、贔屓力士が負けても少しがっかりする程度)ので、お勧めです。

 ちなみに、私の贔屓は横綱の鶴竜関。妻の一押しは北勝富士関ですが、最近妻は逸ノ城関(モンゴル出身の巨漢力士)をも、密かに応援しているようです。

投稿者小児科臨床顧問・血友病センター長 岡 敏明
「先日の思い出」 河井 紀一郎
2019年08月13日

 私は先日、娘とともに北海道立文学館での「歌川広重 ふたつの東海道五拾三次 保永堂版×丸清版」に行って来ました。皆さんもご存知かとは思いますが、歌川広重は、江戸時代 11代将軍徳川家斉のときの町人文化(化政文化)のときに人気であった浮世絵師の一人です。代表作はこの『東海道五拾三次』など。また、「ふたつの東海道五拾三次」のもうひとつは十返舎一九作『東海道中膝栗毛』を指していて、この展示はふたつの東海道を同時に閲覧しながら江戸時代を知る、というものです。実際に行ってみた感想としては、ふたつのバージョンを比較しながら観てみたり、江戸時代の各名所の様子や浮世絵の色を刷る手順などを詳しく知ることができ、この歳になって新しいものを知り、大変興味と関心を持ちました。歴史が好きな娘も楽しんでくれたようです。しかし、展示室はとても寒く、娘と二人、そうそうに帰って来てしまいました。まあ6月の、雨が降った寒い日でしたので、気温が低かったこともあると思われますが、、、。

 ところで、最近は暑い日と寒い日が交互に続いております。みなさま、どうかご自愛ください。

投稿者産婦人科部長 河井 紀一郎
「思い込み」 東 直樹
2019年08月05日

 通常、患者さんとの説明で、「いった」「いわない」とかで、誤解されていることが少なくない。以前勤めていた市立M病院のことである。

 近所の婦人会での井戸端会議のことである。

「最近、胸が苦しいの?。」と40歳代の女性。

「それは、心臓が悪いのでないの?。」

「私、いい医者を知っているわ」

「誰?」

「市立M病院の循環器内科のM先生。」

「それじゃ、いってみるわ。」

 一年後、再び近所の婦人会での井戸端会議。

M先生にかかっているのだけど、よくならないの?心臓は悪くないと言うの。」

「う・・・ん?。」

「それ、胃が原因でないの。」

「それじゃ、検査に行ってみるわ。」

 数日後、検診の結果をもって、市立M病院消化器内科の私の外来を受診した。検診のバリウム検査では、胃噴門部の進行胃がんであった。直ちに、入院し、他の検査で転移はなく、外科で無事手術も終了し、事なきを得た。

 後日、循環器内科のM先生のカルテを拝見する機会を得た。カルテ上初診時、様々な検査で、循環器上異常はなく、「心臓が原因でない、消化管検査を」と、再三再四、胃カメラを勧めたが、「わたしは心臓が悪いので、心臓を診てほしいので、必要はない。」と拒否していたようだ。したがって、カルテには「心臓神経症」と記載されて、一年間通院していた。

 外野はM先生が誤診をしたと揶揄するものがいたが・・・?

 難しい症例である。

投稿者消化器内科部長 東 直樹