「器の味」 杉浦 千尋
2020年02月12日

人の好みは十人十色とよく言われますが、食べ物関係では日常的に実感する熟語でしょう。

口コミの評価を信じたり、絶対においしいからと知人に勧められて訪れたラーメン屋で、えっ?これが?そんなに絶品?と疑問を感じた経験はだれしもあるのではないでしょうか。

先日、時々試飲会を催す近所の酒屋さんが、酒器による飲み比べのイベント開催をしていました。同じものが器でそんなに味が変わるものか?と素朴な疑問で興味半分、冷やかし半分で行ってみました。

目の前に3種類の酒器(平杯、猪口、大ぶりのワイングラス)に注がれた日本酒が用意され、いよいよ試飲。

・・・

結果は、あれまあびっくり、目から鱗の酒器の世界。日本酒道(ってあるのかな?)の奥深さを知ることになりました。

同じお酒が、飲む器によってこんなに違って感じられるとは驚きの経験でした。

知識として知っていても、未経験の者にとっては青天の霹靂状態でした。

家に戻ってグーグル先生に尋ねてみると、形、大きさ、素材等で色々と違いがあるとのことで、その理由を詳説したサイトもたくさん有るようでした。

ワインだとなぜか「正しい」グラスの選び方みたいな、「正しい」「間違い」としてジャッジをしてしまいがちな印象(思い込み)があるのですが、日本酒に関しては「正」「誤」ではなくて、どんな「酒器と酒との組み合わせ」を「楽しむ」かといった、一酒十色の世界を「あなたのお好みで」と許容してくれる懐の深さを感じます。

色々と違う銘柄の酒を飲み比べるのも良いですが、同じ酒を違う酒器に注ぎ、目の前に並べ、器を味わうのも乙なものでしょう。

投稿者歯科口腔外科部長 杉浦 千尋
「1日札幌体験型観光」 今村 恵
2020年01月27日

沖縄から移住して1年が経とうとしています。

雪が思ったより少ないようで、これからいつ豪雪になるかとドキドキする日々です。

生活に慣れるのにあっという間に時間が経ち、

札幌のことすらまだまだわかっておらず

1月始めに「1日札幌体験型観光」をしてみました

北海道神宮参拝

円山伏見稲荷神社に急遽神社巡り

円山の高台にあるレストランでランチ

南区のPOST-O-KANで浦島久写真展

カーリング体験

と札幌というものを1日でいろいろ詰め込んで体験しました

新しい発見がたくさんありました。

北海道神宮は三が日をちょっとすぎた後でしたが、すごい車の渋滞でした。

わたしたちは「Akippa」というサービスを使い楽々に駐車

自分のもつ空いたspaceを駐車場として提供するマッチングサービスです。

初めて使いましたが、提供者・利用者win-winのサービスで快適な参拝時間の演出に貢献してくれました!

ふと訪れた伏見稲荷は静粛で美しくて円山の平和を創造している雰囲気でした。

浦島久氏は「Jewelry Ice」の名付け親で、英語の先生・英語教室の経営者でありながら趣味で始めた写真で、今は写真家としても有名な方です。

その先生の写真展が札幌南区のPOST-O-KANという場所で始めて開かれました。

旧郵便局をアレンジして「南区のよさを発信する場」をコンセプトに今は存在しています。

店内の木と石のやさしいナチュラルな雰囲気と、

芸術的なJewelry Iceの写真のコラボレーションに魅了されました

北海道にはこんなにも綺麗な場所がたくさんあるんだろうなという期待も膨らみました

「あったらいいな? この問題を解決しないと!」

というものが形やサービスになっていたり。

「伝えたい思い」がつまったものが形になっていたり

理由もなしにただただ長い年月見守ってくれている存在だったり。

アンテナをはるといろんなものと遭遇して、世界が広がった感じがします。

北海道は広大で、たくさんの出会いが待っていそうです。

IMG_0218.jpg

投稿者プライマリセンター医師 今村 恵
「車の話2」 宮城 登
2020年01月20日

私の二台目の車は、当時売れていたマツダの赤いファミリアターボハッチバック1500XG-Rです。115馬力、トルク16.5㎏の前輪駆動です。

この頃はアンチロックブレーキングシステム、エアバッグなどの安全装置やエアコンもなく890㎏という軽量とあいまって猛烈な加速力がありました。70タイヤに代って発売された185/60R14のタイヤはグリップ力があり強い安定性を示しました。

しかしパワーステアリングも装着されていないため、低速走行時にはハンドルの操作は異常に重く、車庫入れの時には気をゆるめると戻ろうとするハンドルに手がはじかれるほどでした。購入当時、冬タイヤはスパイクタイヤだったので凍結路でも困ったことはありませんでしたが、その後スパイクタイヤが禁止となりスタッドレスタイヤに移行しました。そうすると冬の坂道発進などでスリップするようになりました。

また結婚して家族や親戚を乗せる機会が増え、2ドアの乗用車に不便をかんじるようになり、次の車は4輪駆動の4ドアセダンにしようと決意したのでした。

投稿者整形外科主任部長 宮城 登
「コンサートの夜」長尾 知哉
2020年01月14日

高校2年生までさかのぼる。物理の授業中に隣は教科書ではなくグラビア週刊誌を広げていた。

「おい、森高千里が来るで」

「モリタカ?何しに?」

「そら、コンサートや」

「それは行かないかんのー」

 携帯もない、コンビニもない、「ぴあ」もなくCDショップでチケットが売られていた時代、先行発売もない。いい席をどうやって確保するか?単純である。我々が選択したのは「夜中から並ぶ」ことであり、発売日の午前3時に集合した。それでも同好の士であり争奪戦の敵は集まってきた。30人ほど集まっただろうか。深夜放送で朝まで寝ないのは慣れていたが11月の夜中は四国であってもさすがに寒い。「ストレスが地球をだめにする」と思いながら缶コーヒーを手に開店まで6時間ひたすら待った。

 しかし、座席は開店時に来ていた人でのくじ引きであり、6時間寒空の下で立っていただけであった。それでも我々は7列目をゲットした。放課後学ランを脱ぎ私服に着替えた我々は近くの市民会館に向かった。見上げたモリタカは美しく眩しかった、としか書けない。やがてコンサートは終わり、うどんをすすりながら受験関係なく来年もコンサートに行くことを誓いあった。寒い日だったが、「星空が広がっていた、あの夜は」。

 大学を出た私は「(それだけではないのだが)東京に行けばモリタカに会える」と上京した。しかし、わずか2ヶ月後、江口洋介に獲られた。ワイドショーの音声を耳に診察を終え病室を出た私は、東京での浮かれ気分を捨て、真面目に医者をすることを心に誓った。「これからがほんとの私の青春だわ」と。

 あれから20年経った。あの時以来全国ツアーをするモリタカに私は会いに行った。ステージには変わらず美しく眩しい森高千里がいた。モリタカはオバさんになったと自ら言う。ということは当然ながら私はオジさんになった。しかし「私は今、生きている」のは17歳の夜と何も変わらない。

投稿者外科/乳腺外科医長 長尾 知哉
「家族旅行」 河井 紀一郎
2019年12月24日

 かねてから娘が行きたがっていた壬生寺や錦天満宮、私が訪れたかった二条城などを観に、家族旅行として今年の3月に京都を訪れました。

 最終日にはあまり下調べもせず、軽装で伏見稲荷大社を訪れました。本殿でお参りし奥に進むと、有名な千本鳥居が見えてきました。さらにその奥には海抜233メートルの稲荷山があり、他の観光客につられて登っていくのですが、どこまで行っても鳥居と大社ばかりで頂上になかなか着かず2時間弱かけてやっとのことでたどり着いた感じで、予習は大事なことと再確認しました。

 帰りは登った道とは違うルートを降りていくと、子宝、安産にご利益があるお産場稲荷がありました。小さな稲荷でしたが、職業柄、これからも産婦さんが無事にお産ができるように、と祈願して来ました。このような稲荷があるとは知りませんでしたが、家族と共にお参りできて良い思い出でした。pasted-image-10.jpgpasted-image-12.jpg

投稿者産婦人科部長 河井 紀一郎