「正常性バイアス」 西條 正二
2020年07月27日

 昨年、虫垂炎(いわゆる盲腸)になりました。

 ある夏の日、慌ただしい1日の勤務が終わり、帰宅途中の自転車上で、間欠的な右下腹部の違和感を自覚しました。運動不足なのに自転車を漕いだことによる腹斜筋筋膜痛と考え、むしろ腹筋を鍛えるべく下腹部に力を入れて、力強く自転車を漕ぎながら帰宅しました。

 しかし帰宅後も疼痛が遷延。『お腹が空いたんだろw』と思い、某乳酸菌飲料を一気飲みしてみましたが、全く改善の兆しなく、試しにHeel drop testをしてみると陽性に。"虫垂炎"の文字が頭を過ぎりました。

 しかし、昔、胃腸が丈夫で"コンポスト"の異名を誇った自分に限ってそれはないと正常性バイアスがかかり、食い過ぎと判断し、一眠り。

 それでも疼痛はさらに悪化傾向となり、悪寒も出現し始めたため、仕方がないので救急外来を受診しました。

 問診票を記載し、自分で自分を診察してみると、ブルンベルク徴候陽性で、面白いくらい、ばい〜んwと痛みが反跳します。おそらく自分のことでなければ流石に虫垂炎の診断に至ると思うのですが、いざ自分のこととなるとまたもや正常性バイアスが働き、『これは脱水による虚血性腸炎に違いない』と判断し、急速輸液を1000ml施行してみました。

 しかし、当然腹痛は改善するはずもなく、仰臥位保持不可能なレベルまで悪化してきたため、意を決して腹部造影CTを施行。根部に石灰化を伴う虫垂の腫脹と周囲の脂肪織濃度の上昇を認め、急性虫垂炎の診断に至りました。

 当直の外科の先生にコンサルテーションさせていただき、手術を希望させていただいたため、夜間にもかかわらず、虫垂切除術を施行していただき、無事退院することができました。

 思えば自転車を漕いでいる時点で通常ではあり得ない腹痛だったと思うのですが、自分のこととなると強力な正常性バイアスがかかり、診断の遅れにつながりました。

 この貴重な経験()を糧に、日々の診療に役立てて行きたいと思う今日この頃です。

投稿者プライマリーセンター医師 西條 正二
「コロナ禍での気づき」 小野寺 麻記子
2020年07月20日

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い北海道では全国に先がけて緊急事態宣言がなされ、20202月末から6月中旬まで、長い長い自粛期間が続いた。

私も小学生の娘がいるため、長期に渡る異例の休校措置を受け勤務調整を余儀なくされ、職場はもちろんのこと、受診される患者さまにも予約変更など多くのご迷惑をおかけすることとなり、本当に心苦しい思いをしていた。おそらく全世界の多くの方が、この先どうなるのだろうという不安の中で過ごし、また多くの悲しみを経験されただろう。

それでも、過去に類を見ないこの試練の中でも、少しずつ前を向き、変えなくては!変わらなくては!という世の中の様々な挑戦を目の当たりにすると、人はこんなにも強いものかと思う。

しかし、強いものばかりではない。当たり前であるが、むしろ弱い部分が人には多いと思う。

こんな時だからこそ、「心の距離感」を縮めようという思いも生まれる。実際、物理的に人との距離を意識せざるを得なくなって、逆に人と人との心の繋がりは「密」になったのではないだろうか(だからこそ生まれる軋轢もあるだろうが...)。

遠くの人に思いをよせ、身近な人が助け合う。駆けつけることは叶わなくても、今自分ができる何かをしようという、いろんなカタチの思いが世の中溢れていたような気がする。大変な時期はまだ続いているが、どこかで聞いた「『大変』というのは乗り越えたら大きく変わる、という意味がある」というのを心の隅において、自分なりのニューノーマルな生き方を模索していきたい。

 ところで、老若男女問わず多くの方が自粛期間中に新しいことに挑戦したりと、それぞれの自宅での過ごし方が話題となっていたが、私も例にもれず新しく始めたことがある。

一つは運動。医療従事者にも関わらず万年運動不足で、年に一度の健康診断の問診には毎年「運動を始めたいと思っている(がまだ始めていない)」にチェックをするも一向に始める気配はなかった。まさに口だけ...

しかし、ここにきて何と4ヶ月以上も、ステイホームトレーニングやかんたんヨガなど続けている。今年の健康診断では堂々と、「すでに始めている」にチェックをつけよう!

もう一つは資格取得への挑戦。以前から必要だと思いながらなかなかできなかった心理のお勉強。医療従事者としても大事だし、子育てする中でも、介護する中でも知っておきたいことがたくさんあると思い一念発起。新しいことを始めるのはそれなりに大変ですが、思いがあって自分で始めたこと。乗り越え大きく変わるために、公力効果を期待してここに記してみた(というわけで成果は、次回に続く...)。

投稿者歯科口腔外科医長 小野寺 麻記子
「国民の祝日」 三浦 美文
2020年07月14日

ふと外来でカレンダーを見上げていた。7月の2324が赤くなっている。「海の日」と「スポーツの日」だ。東京オリピック開催に当たり祝日をずらして連休とした。「山の日」も今年は8月10日に変更になっている。オリンピックはCOVID-19の拡大で延期になったが、祝日はそのままになっている。

 国民の祝日は現在では全部で16日ある。私が子どもの頃は、軒先に日の丸を掲げている家が目についたが今ではほとんど見られない。以前、国民の祝日は日にちが決まっており、日曜日と重なると振替休日やハッピーマンデーはなかったので「今年は休みが減って損をした」などと言っていた。第2月曜日になった体育の日は平成30年にスポーツの日となり、今年は7月24日になっていた。国民の祝日にはさまれた平日は休日となるので、敬老の日と秋分の日に絡む3連休となる年が数年に1度出現する。「海の日」、「山の日」の制定などにより昔と比べで休日が増えており、これを歓迎する人と歓迎しない人(稼動日数が減るため)に分かれている。

 国民の祝日の中で春分の日と秋分の日だけが決まっておらず、前年の2月の第1平日に国立天文台が発表する。決定方法には天文学が関係しており、二十四節気である春分(秋分)の含む日とされている。1太陽年は平均で365日と5時間49分ほど(6時間弱)かかるので、その調整のため4年に1度閏年が必要となる。また、1年で11分程余分に補整することになるため、400年に3閏日を抜く再調整も行う。さらには、地軸は月や金星など他の惑星の引力により影響を受けるなど、複雑な計算が必要のようです。昼と夜の長さが同じと言われるが、日本の場合は昼の方が14分程長いそうです。

 来年のオリンピックの開催日程は1日ずれて7月21日から8月8日までの予定なので、土曜日を絡めると4連休となる今年と異なり、スポーツの日は10月の第2月曜日に戻るようです。本来なら東京2020で盛り上がっているはずが、それどころかコロナウイルスにより自粛に追い込まれている。このウイルス感染が早く落ち着いて、有意義に国民の祝日を過ごしたいものです。

投稿者:歯科部長 三浦 美文
「ちいさな春を探して〜大通公園の春を告げる花〜」 折居 史佳
2020年04月13日

新型コロナウイルスが猛威を振るっています。47日には7都府県に対して非常事態宣言が発令されました。今回、北海道は対象にならなかったもののまだまだ予断を許さない状況が持続しています。

コロナウイルスの感染予防のためには「3つの密:密閉空間・密集場所・密接場面」を避ける行動が推奨されています。北海道では、非常事態宣言が解除された頃から、各メディアなどでも、密集しない屋外での散歩などの運動はむしろ体力維持や気分転換のためにも推奨されるようになり、私も3月最後の日曜日に、ちいさな春を探して大通公園を散歩してきました。

その日は、それまでに比べとても暖かい日でしたが、大通公園にはまだ溶け残った雪もあり、足元が多少ぬかるんでいたこともあってか人影はややまばらで、1丁目から7丁目くらいまで歩いても、2メートル以内に人がいることはありませんでした。公園の花壇はおおむね雪は溶けていて、芽を出している植物もありましたが、花を咲かせているものはほとんど見当たりませんでした。

そのようななかで、小さな白い花が咲いているのを見つけることができました。

大通公園のウェブサイトを見ますと「スノードロップ」というお花だそうです。ヒガンバナ科の球根植物で、春を告げる花、と言われているそうです。とても可愛らしいお花ですね。

IMG_1526.jpegIMG_1529.jpegIMG_1532.jpeg

先日、非常事態宣言発令前でしたが、NHKニュースで、東京の桜の名所である目黒川の桜並木の今年の花見について目黒区長から自粛の要請があったと報道されていました。人口の多い東京では屋外の場所でも人が密集してしまう、名所に行くまでの電車の中でも密集してしまう、といった状況があるのだろうと推察しました。

コロナうつ、コロナ疲れ、コロナ慣れ、などいろんなワードがネット上を飛び交っております。「3つの密」を避けて、こまめに手洗いをし、気分転換も取り入れながら、しかし気を緩めず、この国難を北海道民の皆さんと乗り切っていけたらと思いました。

投稿者IBDセンター部長 折居 史佳
「医師リレーエッセイ」 柏 隆史
2020年03月30日

整形外科外傷センター 医師の 柏 隆史です。

小生は平成31 年 4 月に赴任し、令和 2 年 3 月末に退職します。

1年間という短い間ではありましたが、皆様方には大変お世話になりました。

この場を借りて御礼申し上げます。貴重な症例を数多く経験させていただきました。

今後の診療に役立ていきたいと考えております。

整形外科外傷センターが北海道の整形外科外傷の受け皿としてさらに発展されますことを祈念しております。


さて、小生は令和2年3 月に新型コロナ(COVID 19)流行中にも関わらず東京に出向き、専門医試験を受験しました。

その受験勉強の際に、栄養補給/気分転換に役立ったのが、ROYCE のチョコレートです(COI 、利益相反関係ありません)。

Pure Chocolateシリーズ というもので数種類あります。

個人的にはホワイトチョコレートが好きなのですが、ホワイトチョコレートばかり食べると甘ったるくなるので、

甘みの少ないエクストラビター( Cacao90%Cacao90%)も買います。

ホワイトチョコレートを食べた後にエクストラビターを食べると(もしくはその逆)、

二つのチョコレートの味を楽しめる上に、二つのチョコレートの味が混ざってちょうどよい甘さ加減になります。

そんなこと知っているよという、突っ込みも出てきそうですが、小話でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

投稿者外傷センター医師 柏 隆史