「自粛生活も有意義に」  齊藤 知子
2021年03月24日

自粛生活に伴い休日の過ごし方も一変しました。

休日と言えば外出し、アウトドアライフを満喫していましたがすっかりインドア派に移行・・・。

旅行や外食を楽しめなくなった分、自宅で少しでも美味しい物を作りたくネット上のレシピや友人から教わった料理を作ってみたり、冷蔵庫の残り物で創作料理を楽しんでみたり・・・おかげでレパートリーの幅が広がりました。

冬はスノーボードで運動不足解消をしていましたが、最近はテレビでユーチューブを流しながらのエアロビやストレッチ、また半身浴等で汗を流しリフレッシュしています。

自宅内を断捨離し自由空間が広がり、部屋の模様替えやインテリア・家具のリメイク等、ちょっとしたDIYも楽しみの一つになりました。

いつか家族や友人達を自宅に招き、手料理を振る舞い、皆でまた会食できる日を心待ちにしている今日この頃・・・。

自粛生活によって趣味が新たに加わり、ライフスタイルがより充実したものになりました。まだまだやってみたいことは多々ありますが、時間が足りないという現実・・・(苦笑)。次は時間の有効活用法でもじっくり考えてみようと思っています(笑)。

投稿者メディカルクラーク室  齊藤 知子
「エッセー」 宇都宮 もも
2021年03月03日

新型コロナウイルスの影響で、おうち時間が長くなりました。

料理する時間も格段に増えたので、この機会に料理のレパートリーを増やそうと思いたち、

1ヶ月ほど悩みに悩み、最新の圧力鍋をテレビショッピングで買いました。しかもスライサーやレシピ集がついていて割引価格でした。

普段中々しない角煮や煮込み料理などいくつかつくってみています。

圧力がかかっている間は、鍋を見守る必要がなく、勝手に料理をしてくれているので、その間に他のことをしている時間ができます。すごくいいです。

しかし買う前には気づかなかった事がありました。今まで私は料理の時、調味料は測った事がなく、味見をしながら適当な量を入れてつくっていました。しかし、圧力鍋で調理をしている時は、途中でフタを開けられないので自分好みの味ができません。なので今はレシピに通り忠実に守り、何回かつくっていく課程で自分好みにしていこうと思っています。

もう一つ買う前には気づかなかった事がありました。後片付けです。フタの部分のゴムパッキン臭いが中々取れないです。これが大変です。ですがこれに負けずに試行錯誤していこうと思っています。

と、書いてみましたが、元々料理は好きではないです。これをきっかけに少しでも好きになればいいなと思っています。

おうち時間を増えることで色々な過ごし方を考えますが、段々暖かくなってくればやはり外に出たいなと思うものです。1日でも早く新型コロナウイルスが終息して、何も気にせず外出できる日がくる事を願っています。

投稿者メディカルクラーク 宇都宮 もも
「桜」 牧野 祐理奈
2021年02月03日

今はコロナの影響で自粛していますが、2年前静内へ桜を見に行くバスツアーに参加しました。

9時。札幌を出発。行きのバスの中でサンドイッチを食べながら片道約3時間バスに揺られ、12時頃静内エクリプスホテルに到着。ウニ丼を満喫し、いざ二十間道路へ!!

ところがその日はあいにくの雨。長引く寒気の影響で桜がつぼみのまま。。。

雨に濡れた桜のつぼみは風情がありとてもきれいでした。

会場でお祭りが行われていたため、桜まんじゅうを購入したりと次の行程まで時間つぶし。

14時。優駿ロードを経由(またもやつぼみ!)、競走馬を育てている牧場へ。15時新冠町の道の駅で休憩タイム。18時札幌に到着。1日でさまざまな観光名所へ訪れたバスツアー。初の静内で印象に残った思い出はおいしいウニ丼です(笑)

コロナが収束したら、静内へ満開の桜を見に行くことがこれからの楽しみです。

まだまだ寒い日が続きますが、皆様どうぞお体にご自愛ください。

投稿者メディカルクラーク室 牧野 祐理奈
「成長」 齋藤 亜利紗
2021年01月27日

 私には3歳になる甥がいます。

甥が通っている保育園では、毎年秋頃に開催される「生活発表会」という歌や劇などを披露する行事があります。

 昨年は、はじめての参加で緊張していたせいか、たくさんの観客を前に固まってしまい、自分の名前を呼ばれて返事をするという見せ場でも答えられずにいました。

あれから1年が経ち、今年も生活発表会が開催されました。

当日はあいにく直接観に行くことができず、動画での鑑賞となりました。すると、昨年固まっていた甥とはまるで別人のように、合唱「はたらくくるま」を大きな声で歌い、ミニ劇も元気いっぱい披露していて、一生懸命な姿と輝いている甥にとても感動しました。

 一年で大きく成長した甥をみて、私も甥に負けないように成長したいと感じました。

 最後になりますが、新型コロナウイルスの一日も早い終息と、皆様のご健康をお祈り致します。

投稿者薬局 齋藤 亜利紗
「牡蠣が食べたくて厚岸へ」 赤井 さとみ
2021年01月13日

2年前に初めて厚岸まで車で行きました。

「生牡蠣をたらふく食べたい!せっかくなら行ったことのない厚岸まで行ってみよう」と思い立ち、ゴールデンウィークを利用した23日の旅です。

早朝出発し、十勝平野を眺めながらお昼に牛トロ丼を食べ、池田町のワイン城を見学し、夜に厚岸の道の駅コンキリエに着きました。生牡蠣、牡蠣のピザを食べ、その日は就寝。

翌日厚岸大橋を渡り、いよいよ本番です。朝から生牡蠣、牡蠣フライ、蒸し牡蠣、焼き牡蠣を堪能。名産牡蠣の食べ比べ...思いっきり贅沢をしました。

その後は根室で花咲蟹を食べ、風蓮湖や納沙布岬に立ち寄り、東藻琴で芝桜を見て帰宅。

食べてばかりの往復約800キロの旅です。

元々各地の美味しいものを食べに行ったり、ドライブすることが好きでしたが、牡蠣食べたさに厚岸へ行くとは...自身の食欲に驚きます。遠くに感じていた厚岸ですが、案外気軽に行けるものだと味をしめ、同年の10月にも行きました。

「これから毎年1回は、厚岸へ牡蠣を食べに来よう」と思っていましたが、昨年はステイホームにてお取り寄せで堪能しました。

新型コロナの影響が落ち着いたら、また現地へ赴いて美味しい物を頂くのを楽しみにしています。

投稿者メディカルクラーク副主任 赤井 さとみ