「ケース1 とある共働き家庭の現状」 本間 龍二
2019年04月17日

2013年3月末に娘が誕生しました。そんな娘も、今年4月から小学校へ入学しました。月日が経つのは早いものだなぁと実感する今日この頃です。
皆さんはご存じでしょうか?小学校入学式のある日の一週間は、小学校が午前授業であることを・・・。
入学前のオリエンテーションに参加した妻からその事を聞き、共働きである私達夫婦は青ざめました。どちらかが専業主婦(専業主夫)である家庭であれば、なんら戸惑う事はありませんが、その一週間をどう乗り切るか頭を悩ませた共働き家庭は少なからず居たと思います。
サービス業かつ管理職である私の妻は、月の休日も少なく連休も取りにくい為、私が代わりに休暇を取ることになりました。
私が勤務している臨床検査室には、同じ小学生の娘を持つ父であり、とても理解のある上司がおりますので、一週間ほどの休暇も快く了解してもらうことが出来ました。

慣れない環境の元、小学校での時間を過ごしてきた娘。すっかり午睡は卒業したはずなのに、登校三日目の帰宅してきた日の午後2時過ぎに寝落ちしてしまった娘を目の当たりにした時、あぁ、休みを取って娘に寄り添える時間を作ることが出来て良かったなぁと思いました。

共働き家庭が当たり前となり、働き方改革も企業・職場で浸透しつつある世の中ではありますが、子を持つ父親の方はというと、残業は当たり前。仕事や責任が増えるのは必然でまとまった休みが取りにくいという風潮が未だに根強い印象を受けますが、私の職場のように幼い子供が居て、母親が休みを取りにくい場合、代わりに父親である私が休暇を取らせてくれるだけでも本当にありがたいことだと痛感させられました。

もう今の世の中、父親だから仕事だけやっていればいい。母親だから家事・育児もやって当たり前は通用しないと私は思います。
そうなると、そういった共働き家庭の受け皿となる企業・職場の柔軟でフレキシブルな考え方・対応の仕方がますます求められていく時代なのだろうと思いました。

私自身は、これから先は仕事も大事ですが、家族と過ごす時間も大切にしていきたいと思っております。

投稿者検査室副主任  本間 龍二
「春が来たので走ります」 永田 直樹
2019年04月10日
 以前もランニングに関するエッセイを書いたのですが、今回もまたランニングについて書きたいと思います。

院内にも走っている人が何人もいるようなので、みなさんとランニング談義ができればうれしく思います。ちなみに私は今年、函館マラソンと北海道マラソンにエントリーしました。さて雪も溶けてランニングが気持ちのよい季節になってきました。しかし早速残念ですが、以前から痛むことがあった膝に加え、最近は腰、肩にも痛みを感じるようになってきました。疲れがとれなくなったり、筋肉が落ちたことも一因ではないかと思っています。たぶん体幹が弱く姿勢も悪いような気がします。某ランニング情報番組で、動的ストレッチの解説をしていました。疲れが残りにくくなる効果もあるそうです。取り入れていきたいと思っています。ですが動きが今ひとつよくわかりません。これでよいのかと思いながらやっています。楽しく走れるように頑張っていきます。みなさんも一緒に頑張りましょう。


投稿者ME室副主任 永田 直樹
「選挙モード」 桝田 賢一
2019年03月27日

 例年になく雪の少ない3月を迎えておりますが、世間はそろそろ選挙モードとなっております。今回は4期16年務めた現職の知事が立候補せず、久しぶりの新人同士の対決となり注目を集めています。TPP・JR・人口減少問題とあまり明るくない話題の中、どのような選挙公約なのか考慮していきたいと思います。一方の札幌市長選挙は、どうやら与野党相乗りとなり現職市長で決まりそうな情勢のようです。こちらもオリンピックや都心部再開発・札幌ドーム問題など、今後の市政において重要な選択が待っているのに、活発に議論がされず、他の選択肢が乏しいのは残念に思います。
 近年の投票率は知事選挙・市長選挙ともに60%弱程度のようです。民意の反映を考えると、個人的には少し物足りない感じもします。それだけ政治不信なのかもしれません。ちなみに何かと話題の隣の国の前回の大統領選挙は投票率およそ80%弱だそうです。

 秋には消費税の増税も控えております。これからの将来に向けて税金を有効に使っていただきたいける人に投票したいものです。

投稿者リハビリセンター副主任 桝田 賢一
「酢」 六角 純子
2019年03月20日
皆さんこんにちは、メディカルクラーク副主任六角 純子です。

テレビを見るのが好きで、「ドラマ」「バラエティー」「健康関連番組」等を、
録って日々見てるのですが、録る容量が無くなってしまうので、日々倍速&
コマーシャル飛ばしで見てます。
今回、健康関連番組で見て、続けている事をお話ししたいと思います。
とある健康関連番組で、「酢」大さじ1を毎日続ければ、内蔵脂肪が改善されると
やっていて、自分も健康診断で内臓脂肪面積多かったな~と思い、実践してみました。
「酢」大さじ1を水又は炭酸で割って飲んだり、ご飯に酢を入れて食べたり、
サラダを食べる時に、酢をかけて食べたり、牛乳に混ぜたりと色々な形でやって
見たところ、内臓脂肪面積が減少していました。
私のお薦めの「酢」は、臨醐山黒酢です。酸っぱさが強くなく、割って飲んだり、
何かにかけたりしやすいです。
内臓脂肪気になる方は、お試しにやってみてはいかがでしょうか。

投稿者メディカルクラーク 副主任 六角 純子
「気がつけば2年たちました」 中島 典子
2019年02月20日
病院の並びにあるテニススクールに通い始めて2年がたちました。
Yちゃんに誘われ、テニス経験ゼロでしたが、「ひょっとしたら楽しいかも♪」
と思い、通うことにしました。
通い始めると、自分の出来なさ加減に悲しくなる日々・・「なんで入っちゃったんだろう・・」
と、すぐに後悔しました。お金を支払い精神的なダメージを受ける・・・始めてしまった以上、やめるわけにもいきません;;;

苦痛だったテニスも1年がたつ頃には「少し憂鬱」という程度に変わってきました。
嫌なことも辛抱強く続ければ、なんとかなるものだなと久々に感じました。
思い返せば、私は小さい頃から興味本位ですぐに飛びつき、即座に後悔するということを繰り返してきたような気がします。嫌々ながらもなんとか続け、最終的にはやってよかったと思ってはきたのですが、この年になっても同じようなことをしているので、本質は変わらないのだなと痛感しました。

2年たった今は「今日はテニスだな♪」と楽しみになりました。とはいえ、試合などはまだ苦手で、「ひたすらラリーをしていたい」というところなのですが、楽しく通えるようになったので良かったです。
 
3年たった頃には「誰か試合やろうよ」となっているのか・・・それはあまりなさそうですが、これからも続けていこうと思います。

投稿者総務課係長 中島 典子