リンパ浮腫の治療について
診察時間
  • 毎月第2、第4木曜日 13:30~16:00 ※完全予約制です。
リンパ浮腫とは?

四肢において様々な原因により、本来リンパ管によって体の中枢部に運ばれるべきリンパ液が皮下組織内にたまってむくんでしまう状態です。その原因の一つとして乳癌や婦人科系の癌(子宮や卵巣の癌)において大きな手術を行った後などに生じることがありこれは、本来流れていくべきリンパ管が、手術によって流れがせき止められてしまうことにより生じます。他の原因としては、先に述べたような手術などの経験がない人に起こるもので、生まれつきリンパ管の働きが悪い人やフィラリア感染(日本ではほとんどありません)といったものがありますがいずれも頻度は少ないです。

どんな治療があるの?

まずは複合的理学療法とよばれる保存的治療が第一選択です。簡単に説明するとリンパドレナージのためのマッサージ、圧迫療法の組み合わせです。圧迫療法は専用の筒状包帯等を購入していただき行いますが、毎日の処置も大切であるため、ご自宅で継続していけるよう指導、サポートを行っていきます。
保存的治療でなかなか効果が表れない場合は、圧迫療法の効果を高めるための外科的治療(リンパ管静脈吻合術)を行います。

dep19_img.jpg 四肢の浮腫にはリンパ浮腫以外にも様々な原因による浮腫があります。治療の前には正しい診断が必要であり、上記の治療の適応とならない場合もあります。