乳腺外科
乳腺専門医による乳がんの検診と治療を提供します

乳がんは年々増加し、現在では11人に1人の女性がかかる病気となっています。

このような場合は受診をおすすめします
  • 乳房にしこりをふれる
  • 乳房が赤く腫れる
  • 乳首から血が混じった汁が出る
  • 乳首がただれて良くならない
  • わきの下にしこりを触れる
  • 陥没乳頭が炎症を起こした
  • 職場や住民検診で「要精密検査」と言われた
  • 男性だが乳房が目立ってきた
検診・診断
視触診と各種画像検査の組み合わせで、迅速かつ的確な診断に努めております
  • 視触診のみならず、マンモグラフィ、超音波検査などを組み合わせることで的確な診断を可能にしています。
  • 放射線科や超音波検査室との連携により検査した検査当日に結果をお伝えすることが可能です。
  • 画像検査の結果、確定診断が必要な場合でも、外来で組織(細胞)検査が可能です。
dep08_img01.jpg
健康管理センターでは婦人科検診も合わせてお受けいただけます

産婦人科も併設している当院では、乳がんに合わせて子宮がん・卵巣がんの検診も可能です。
札幌市がん検診、無料クーポンにも対応しております。

健康管理センター Tel 011-890-1620
診療時間
9時00分~12時00分
(予約不要)
長尾
外来担当医
外来担当医 長尾 長尾 外来担当医 長尾
外来担当医
13時00分~
(予約)
長尾
「少しの勇気」が乳がんの早期発見・治療への近道です。お気軽にお問い合わせください。
札幌徳洲会病院 Tel 011-890-1110(代表)

札幌市厚別区大谷地東1丁目1-1

  • 地下鉄東西線大谷地駅、大谷地バスターミナルより送迎バスあり
  • 札幌南インターチェンジ、大谷地インターチェンジより10分
  • 北星大学通停留所より3分
治療
総合病院・救急病院だから提供できる「安心」、病気と患者さんの生活をトータルで考え、最善最適の治療を提供しています

日本や欧米のガイドラインをもとに、標準治療(その時点でもっとも確実とされる治療法)を提供するように心がけています。

手術治療 ~がんの根治と整容性に重点を置いた手術を~
  • 温存可能な患者さんは、きずが目立ちにくく、整容性の高い乳房温存術を提供しております。
  • がんの部位や広がりから全摘が望ましい患者さんに対しては、乳房再建もご提案しております。
  • 乳房再建は形成外科との連携で同時再建も可能です。
  • 以前に全摘された方でも、後日の再建も可能です。
  • 腋窩リンパ節はセンチネルリンパ節生検の導入で、リンパ浮腫や神経障害の予防が可能です。
dep08_img02.jpg

キズの小さい内視鏡手術を導入しました

薬物治療 ~日々の生活や仕事の中でがん治療を~
  • それぞれの患者さんに合ったホルモン剤や抗がん剤・分子標的薬を使うことで、術後の転移再発予防や、再発に対する治療をご提案します。
  • 抗がん剤治療は外来化学療法センターとの連携で、普段の生活を続けながら治療を行うことが可能です。
  • 総合病院の利点を生かし、乳がん以外にもご病気がある方の治療にも対応が可能です。
dep08_img03.jpg
転移再発に対する治療 ~再発しても、自分らしい生活を~
  • 転移再発された方でも、その時の病気の状態や生活などを総合的に考えながら、一緒に治療を考えましょう。
  • 医師のみならず、看護師、ソーシャルワーカーなどが治療や生活、療養のご相談に対応しております。
  • がんの疼痛などに対する緩和療法にも積極的に対応することで、日々の生活がよりよいものになるよう努力しております。

放射線治療は設備の関係上、他施設に依頼し治療終了後当院で総合的な管理を行っております。

治療中や治療後のフォロー
当院他科受診中の乳がんの患者さんや、転居でお近くに移られた方も
他院通院中で当院他科受診中の方や、転居によりお近くに移られた方のフォローもお受けします。
(現在通院中の先生から診療情報提供書をいただいてください)
dep08_img04.jpg
乳腺外科医長 長尾知哉
主な職歴
  • 聖路加国際病院
  • JA長野厚生連佐久総合病院
  • 国立がんセンター(現・国立がん研究センター)中央病院
主な資格(乳腺関連のみ)
  • 日本外科学会指導医、専門医
  • 日本乳癌学会乳腺専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 厚生労働省緩和ケア研修会修了
  • 都道府県指導者研修修了
  • 検診マンモグラフィ読影認定医師
  • 乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師
  • 乳房超音波講習会修了