NST便り2018.4月号
2019年06月07日

4月に入り,新しい年度が始まりました.当院NSTも担当医師,看護師が入れ替わり,新しい体制でスタートいたします.今年度もよろしくお願いします.
今年度最初のNST便りは「アミノ酸スコア」について少しお話をしたいと思います.


<「アミノ酸スコア」って?>

食品のタンパク質の評価を数値化した基準は,古くは「プロテインスコア」(1957年:FAO)と呼ばれていましたが,人のアミノ酸必要量に基づいた現在の「アミノ酸スコア」という呼称は1973年にFAO/WHOが提示したものです.

人のタンパク質(筋肉,肌,髪の毛など)は,DNAの遺伝情報に基づいて20種類のアミノ酸から合成されますが,そのうちどれか一つでも欠けているとタンパク質を正しく作ることができません.(「アミノ酸の桶の理論」といわれています)
しかも,20種類のアミノ酸全てが人の体内で作れるわけではなく,食品から摂取しなければならない「必須アミノ酸」と呼ばれるものが9種類存在します.
「必須アミノ酸」をどれだけ含んでいるか,すなわち人にとってどれだけ良質なタンパク質であるかという目安を数値化したものが「アミノ酸スコア」と呼ばれているものです.アミノ酸スコアが100点の食品が最もバランスの良いタンパク質を含むということになりますが,食品で例を挙げますと・・・

・ 牛肉,豚肉,鶏肉,卵,牛乳--100
・ あじ,鮭,カツオ--100
・ 米--65
・ 食パン--44

となります.ひとつの食材で賄おうとすると1日当たり牛肉で約500g,牛乳で約1.8 ℓ,豆腐で3~4丁になりますので,毎日の食事としてはあまり現実的ではありません.

良質なタンパク質の摂取不足が続くと様々な不調をきたしてきます.筋力の低下が起こると体の基礎代謝量が減少するため,太りやすく痩せにくい体質になります.肌や髪の毛のハリやツヤを維持するコラーゲンなどはたんぱく質から構成されているので,肌に弾力がなくなったり,髪にコシが無くなったります.体内の神経伝達物質はアミノ酸からできているものもあるので,集中力や思考力が低下することがあります.

タンパク質は基本,毎日の食事から十分摂取できます.なるべくなら,ダイエットや忙しさで食事を抜いたり,適当に済ませたりしないよう気をつけていただきたいと思います.

投稿者薬剤師 岡部 幸男
NST便り2018.3月号
2019年06月06日

<疲れた時に甘いものを食べたくなる理由>

残業が続いたとき,座る暇もなく仕事をしたときなど,疲労を感じた際に甘いものを食べたくなったことはありませんか?

身体の疲れを感じると,脳はエネルギーを欲しがります.脳はブドウ糖しかエネルギー源にできないため,摂取した糖分は,体内で素早くブドウ糖に変換され,エネルギーとして供給されるわけです.

しかし,甘い物を摂取することで得られる疲労回復は一時的ものといわれています.精神的な疲労回復にはなっているかもしれませんが,身体的には逆効果になっている場合があるそうです.
その理由は,空腹時に糖分の高い食品を摂取することで,血糖値が急上昇します.すると身体は血糖値を下げるためにインスリンを分泌するように働きます.血糖値を下げた結果として,逆に疲れを感じ,眠気が出てしまう可能性があります.

糖分摂取による疲労回復のポイントは,血糖値を緩やかに上昇させることです.血糖値を緩やかに上昇させてくれる食品というのが,GI値の低い食品です.

GI値(グリセミック・インデックス)とは,食品の炭水化物が消化され,糖に変わるまでのスピードを示した数値で,ブドウ糖を100として計算されています.70以上を高GI,56~69を中GI,55以下の食品を低GIとしています.そこで,GI値の低い,疲れた時に食べたらよいとされている食品を紹介します.

ナッツ類,フルーツ,チーズはGI値の低い食品です(おおよそ20~30前後).意外にプリンやシュークリームもGI値が低い食品として近年話題になっています.(ちなみにチョコレートは91,飴玉は103)
ここで間違ってはいけないのは,GI値が低いということと,低糖質は同じではないということです.
疲れたなと感じた時に,摂取してみてはいかがでしょうか.疲労を溜めず,フレッシュに仕事を続けていきたいですね.

(今回は7階西病棟看護師 三浦まどかが担当しました)

主なリハビリ内容としては,関節可動域訓練,ポジショニング,ストレッチ,物理療法,呼吸訓練,座位訓練,ADL訓練などがあり,あまり負荷をかけずに20分を目安に施行するのが良いとされています.

「最近痩せてきた」,「普段の生活が出来ないほど体力がない」などの症状がある方はサルコペニアかもしれません.心当たりのある方はNSTスタッフやリハビリスタッフに相談してみて下さい.

投稿者言語聴覚士 稲井宏則
NST便り2017.8月号
2019年06月05日

みなさん,こんにちは.
今回はダイエットに効果があるといわれているココナッツオイルが,認知症の予防にも効果があるのではないかといわれていることについてお話しします.

<ココナッツオイルの効果・効能>
ココナッツオイルに含まれる油脂は「中鎖脂肪酸」と呼ばれます.「中鎖脂肪酸」は,腸管から吸収された後,すぐに肝臓で処理され,脳や体がエネルギーとして利用できる「ケトン体」に変換されます.「ケトン体」はブドウ糖と同様に脳まで届き,エネルギーとして使われうる物質です.「ケトン体」は身体内でも消費され,体内にとどまらないことが特徴です.

このケトン体を利用した「ケトン体ダイエット」は,低炭水化物(低糖質)食を一定期間以上続けると,肝臓が「体内にすでにある脂肪」を分解して、ケトン体を作ってエネルギーとして使い始め,減量につながるという考えによるものです.このためケトン体に変換されるココナツオイルはダイエットに効果があると言われています.

では本題であるココナッツオイルによる認知症予防について説明したいと思います.
認知機能が低下している脳では,通常の脳で使われている「ブドウ糖」がエネルギーとしてうまく使えなくなっています.ただし,「ケトン体」はエネルギーとして使うことができるので,脳のエネルギー不足は改善され,神経細胞の死滅がそれほど進んでいなければ,認知機能も改善できるということのようです.今のところ統計的な評価は得られていませんが,効果があった例も実在するようです.

認知症以外にも,自閉症などのさまざまな脳や神経の疾患について、ココナッツオイルのような「中鎖脂肪酸」を摂取する,「ケトン体食」を実践する試みあり,効果がある方もおられるようです.

今回は簡単にダイエット・認知症の予防について説明しましたが,ココナッツオイルは他にも便秘解消・日焼け防止・乾燥予防など様々な効果があるといわれています.

注意しなければいけないこともいくつかあります.
・ココナツオイルは糖質と一緒に摂取すると「ケトン体」が作られにくくなります.
・「ケトン体」を作るためには大さじ2杯を一度に摂る必要があります。
・脂質なので,ココナツオイルを摂取する分,他の食品でのカロリー制限が必要.
味やにおいが独特で苦手な方もいると思いますが、さまざまなレシピが出ていたりするのでぜひ試してみてください。

今回は6階西病棟看護師 本村美貴が担当しました)
NST(栄養サポートチーム) : 岡部 幸男(薬局)

水分のとろみは,嚥下障害の患者にとって,誤嚥を防ぐ基本かつ重要な対処法です。このNST便りを読んで、普段とろみをつける際に参考にしてもらえたら嬉しいです.
何かわからないことがあれば,いつでも言語聴覚士にご連絡下さい.

投稿者言語聴覚士 河崎大法
NST便り2016.11月号
2019年06月04日

すっかり寒くなり,インフルエンザの流行がささやかれている今日この頃,いかがお過ごしでしょうか?
この度は,9月に行われた「誤嚥性肺炎の予防とケア」という研修会の中で,大阪大学の野原幹司先生と,神戸大学の石川 朗先生のお話の中から学んだことをお話しいたします.

<誤嚥性肺炎とは...>
「誤嚥性肺炎」は,「誤嚥」を繰り返すことで起こる肺炎のことをいいます.「誤嚥」とは簡単に言うと唾液や食物が誤って気管に入り,むせることを言います.しかし,誤嚥が,必ず肺炎になるというわけではありません.
では,どうして肺炎になってしまうのでしょうか?2つの大きな要因が考えられ
ています.

1.体力・抵抗力・免疫力の低下,誤嚥したものを咳払いして喀出する力があるかどうか
→ 体力・抵抗力・免疫力が低下することは,肺炎だけでなく,様々な疾患や感染症にかかりやすくなります.
咳払いで,むせたものを喀出する力があることは大切で,喀出する力が弱いと,いつまでも気管や咽頭に異物が残り,窒息してしまう可能性もあります.

2.誤嚥したものの内容,量,性状はどうか
→ 誤嚥するものは,内容と量も重要ですが,"質"がどうかということが更に問題となります.それは,誤って気管に入ってしまった唾液や食物の汚染状況がどうかということです.
口腔内の汚染,歯周病の有無など,様々な細菌に汚染された誤嚥物が気管に入り込んで,肺炎を引き起こしてしまうことがとても重要です.

まとめると...
誤嚥は唾液や食物が誤って気管に入り,むせること.しかし,むせたからと言って必ず肺炎になるわけではなく,むせたものの内容,量に加え,むせたものの汚染状態(細菌の多寡),喀出する力があるかということが誤嚥性肺炎を引き起こす要因であるということです.

<誤嚥性肺炎の予防するためには...>
これからのインフルエンザ流行期には,肺炎・誤嚥性肺炎の発症も多くなってきます.
予防策としてうがい,手洗いをおこなうことはもちろんですが,誤嚥性肺炎は口腔内の清潔を保つことで,重症化を防ぎ,早期回復につながります.
この冬を,うがい・手洗い・口腔内の清潔を保つことで,元気に過ごせるように,ご自愛ください.

投稿者ICU看護師 高橋 美和子
NST便り2016.12月号
2019年06月03日

《インフルエンザと食事》

12月になって寒さも一段と厳しくなり,インフルエンザ流行の時期を迎えました.
インフルエンザはインフルエンザウイルスによる感染症です.インフルエンザに限らず,私たちの体は,細菌やウイルスに感染すると,体温が上昇したり,心拍数や呼吸数が増えたり,血液中の白血球が増えたりといろいろな変化が生じます.これらは,細菌やウイルスなどの微生物の侵入を撃退するための反応でもあるのですが,この反応が過剰になると組織や免疫系を障害することもあります.インフルエンザウイルス自体に対する治療も重要ですが,今回はこのような体の反応を助けてくれる食事のお話をしたいと思います.

<インフルエンザにかかった際の食事>
自宅療養でよく云われることは,まず,「水分をこまめにとる」ことです.その際,カフェインを含む飲料は控えましょう.カフェインはその代謝に水分を消費し,利尿効果があるため,逆に摂取した水分を失わせてしまいます.
食欲がない時は無理に食事をせず,食べられるのであれば,消化の良いものがおすすめです.
例えば、ヨーグルトは熱で死んでしまった腸の中の善玉菌を作ってくれます.うどんやおかゆは消化に良い食べ物で有名ですが,実は炭水化物だけではなく,それなりの蛋白質も含んでおり,それなりの効果があるようです.
あとは体調の回復を待って通常の食事に戻していきましょう.

<インフルエンザ予防に良いとされる食事>
大きく分けて,防御機能を高めるものと,免疫機能を高めるものがあります.

・防御機能を高める
ビタミンAは乾燥した粘膜を潤し,強化してくれます.緑黄色野菜に多く含まれます.
・・・にんじん,かぼちゃ,さつまいも,ほうれん草,卵など.

・免疫機能を高める
発酵食品は腸内を健康に保ち,免疫力を高めます.
・・・納豆,ヨーグルト

ビタミンCは微生物と闘う白血球を活性化し,あらゆる病気の原因になるといわれている活性酸素を分解してくれます.
・・・みかん,レモン,グレープフルーツなどの柑橘類,ピーマン,ブロッコリー,れんこんなど.

これら以外にも抗ウイルス作用の「アリシン」を含むニンニクやタマネギ,「セスキテルペン」を含むショウガ,「2-アミノ-3H-フェノキサジン-3-オン」などを含むマッシュルームがあります.

以上がインフルエンザにかかった際の食事と予防に有効な食事とされるものですが,普段食べているものも多いので、少し意識して日常の食材に加えて頂けると良いと思います.
最後に,ワクチンや食事も大切ですが,うがい・手洗いは予防に必須です.
なるべく病院のお世話にならないようにしましょう.

投稿者薬局 岡部幸男
カレンダー