「令和最初の植樹」
2019年05月07日
5月2日に1日遅れで開院記念の植樹をしました。
平成25年に始めましたので移転後7回目となります。

開院50周年(十数年後)の頃には敷地内できれいな桜を見ることが出来るようになるのでは・・と思います。




投稿者事務部長 宮本 浩義
「平成最後の日」
2019年04月30日
今日は平成最後の日です。
平成元年に大学を卒業し、医師となりましたので、何年目(の医者)とか聞かれたりするときには元号通りでしたのでわかりやすかったです。
また平成元年は厚生大臣が小泉純一郎元首相でしたので、医師免許証も印象に残っています。
明日から新しい時代の始まりです。
平成最後は桜とともに。


投稿者院長 奥山 淳
「インターンシップ」
2019年04月23日
みなさん、こんにちは。
看護部長の松野です。
本日は、4月13日に当院で開催したインターンシップの様子を紹介します。

「ヘリポートでパチリ!」


投稿者看護部長 松野 玉枝
「赤ちゃん」
2019年04月16日
先日、いつも笑顔で勤務してくれていた事務スタッフが、当院で出産したんですと言って赤ちゃんを見せに来てくれました。本当に可愛い赤ちゃんでした。

ところで2018年の診療報酬改定で妊婦加算が認められましたが、様々な物議を醸した末、今年の1月1日から 当面の間は凍結する と事実上の廃止に至っています。

近隣の産婦人科クリニックの閉院・縮小の話を聞くようになりました。
この4月からは市立旭川病院でも分娩が出来なくなったようです。
北海道北部の基幹病院の一つである市立旭川病院でも分娩が出来ないことに・・。

出産(分娩)は病気ではない?・・ので、関連する健診を含め基本的には自費扱い。
医療費全額無料の国もあれば、○○歳までは医療費無料という自治体もありますが、そこまでは行かなくても今更ですが全て自費扱いで良いのだろうか?・・

オリンピックも大事、株価が上昇することももちろん大事・・なのかも知れない。
でも、お子さんを育てやすい環境、赤ちゃんを産みやすい環境を真剣に考えることはもっと大事なのではと思ってしまいます・・。

投稿者事務部長 宮本 浩義
「2019年度入職式」
2019年04月09日
4月1日は入職式があり、初期研修医7名、研修歯科医1名、看護師36名、薬剤師4名、看護補助者3名、臨床検査技師2名、介護福祉士2名、理学療法士1名、作業療法士1名、言語聴覚士1名、臨床工学技士1名、歯科衛生士1名、事務職員7名のみなさんに辞令交付をいたしました。

先週はオリエンテーション等があり、昨日から現場に出ての実質的なスタートでした。

若いエネルギーに期待しています。



投稿者院長 奥山 淳