「黄鶴楼送孟浩然之広陵」
2020年01月28日

故人西辞黄鶴楼

煙花三月下揚州

孤帆遠影碧空尽

惟見長江天際流

この漢詩は唐代の詩人李白のもので、友人の孟浩然が長江を下って広陵へ行くときに詠んだものです。学生時代の古文の教科書に出ていました。

この句の中の黄鶴楼を観てみようと思い、2017年に武漢に行ってきました。

太古より建造、焼失を繰り返し、現在のものは1985年に建造されたものです。

武漢市は昨今、よく報道されていますが、早く収束することを願っています。

DSC_0824.JPG DSC_0855.JPG

(黄鶴楼)

DSC_0849.JPG

(黄鶴楼より市街)

DSC_0809.JPG

(長江)

投稿者院長 奥山 淳