「世代の相違」 小野寺 康博
2020年09月14日

今年は、コロナ感染症の影響で毎年3月末に行う医局の送別会が無く、4月の歓迎会も無い春だった。

しかし、元気でやる気に満ちた研修医の先生達がいつも通り初期研修を開始した。

当科腎臓内科にも早速4月から研修医の先生方がローテーションで回って来た。

それまでにも薄々気付いてはいたので注意して言葉を選んではいたのだが、思わず知らず出てしまう喩え話とか四文字熟語が、その場の理解を助ける為にと思って言ったつもりでも実はあまり良く理解されていないのだということが判って来た。

つい国語の説明に入ってしまうことがある。

今年の6月末で私も満65歳を迎え、無事定年退職の身となった。

幸か不幸か絶滅危惧種扱いの科に数えられる独り科で、業務を引き継ぐべき後継もいなかったため、また私自身も仕事を辞めるという気も全然していなかったため、当初から再雇用の道を当然のように受け入れていた。

勤務時間も出勤日数も受け持つべき患者さんの範囲(病棟、外来、透析)も、今のところは従来と何も変わりは無い。

受け取った書類上は、「定年退職」ではあるのだが、上記の事情で1年毎の更新を前提にこれからも可及的に仕事の継続と研修医の先生方や医学生の方達の教育指導を継続する機会が与えられた。

個人的には大変有り難いことだと思っており、徳洲会に深く感謝している。

こういった調子で仕事を続けることが決まったものの、最近ふと考えることがある。

昨年職員の結婚式に招待された際に、新郎新婦のご両親が私よりお若いのだという事実に今更のように気付いたのが始まりだった。

病棟で一緒に仕事をする看護師さん達も私の子供より若い人達が増えている。

SNSでの短文でのコミュニケーションに慣れているのか、長い話は好まれない。

なるべく簡潔に理解し易くという方向で伝えようと努力している。

元号が令和になって2年目。

私が生まれた昭和は、昭和の世代から見たら明治に該当する。

明治31年生まれの私の祖父が、「一銭」で買えた飴玉の大きさのことや、日露戦争に勝利した時の提灯行列の盛大であったことなどを孫の私に伝えようとしていた時は、はるか昔の事のように感じて聴いていたが、今は私自身が私の祖父の立場になって若い人達に話しているのだなと実感する時がある。

戸籍上の年齢では、既に初老期に入ってはいるが、社会活動に参加し続けている限りはまだ現役だと自分に言い聞かせている。

かつて「青年医師」の定義について読んだ事がある。

それは、意外な程シンプルであった。

「自分を青年だと思っている医師」の事だそうだ。

気持ちだけは、いつまでも青年医師であり続けたいと思い、自分自身がこれまでに多くの先輩医師達にそうして頂いたように、これからもこれまでに自分の中に培って来たもののエッセンスを次代の若い人達に引き継ぎ、伝える作業を可能な限り続けたい。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

投稿者腎臓内科部長 小野寺 康博