『あ〜ぁ、夏休みぃ〜』(こんな夏休みはもうごめんだ) 片田 竜司
2020年08月17日

夏の代表曲と言えば、チューブの「あー夏休み!」、歌の内容はよく覚えてないが、リズムや曲調からは夏の高揚感がビシビシ伝わってきて、サビの「あー夏休み」の絶叫パートでその高揚感が爆発する、そんな曲だったと思います。

それに引きかえ、今年の夏休みは・・・・『あ〜ぁ、夏休みぃ〜』って感じで同じ「あぁ」でも、がっかりでため息まじりな「あ〜ぁ』になってしまっています。

冷静になって考えてみると、今年の夏休みは前代未聞で、緊急事態宣言の影響で小中学校は8月に入ってもまだ、夏休みに入っていないし、そもそも今年は東京オリンピック・パラリンピックの年で、今頃は、日本中が熱狂していたはずだったし、札幌ではマラソンが開催されてそれこそ大盛り上がりのはずだった。

春先に予約しておいた夏の旅行計画も泣く泣くキャンセル、里帰りの予定もキャンセル、空いた日程に近場の温泉にでも、とは考えたものの、そもそも、コロナにビクビクしながら、自分や周りの人に気を使いながら、といった時点で、すでに高揚感がなくなってしまうわけで、結局、何の予定もたてられず、夏休みに突入してしまったわけで。

「夏休みを取れるだけでもありがたく思わねば」と頭ではわかっていても、こんな夏休みはもうごめんだ。

コロナのバカヤロー早く消え失せろー、来年の夏休みこそは「あー夏休み!」と絶叫したい、心からそう思う。

投稿者 放射線科部長 片田竜司