「How?」 小野寺 康博
2019年09月30日

小泉進次郎環境大臣が国連での地球環境に関する会議に参加した際に、二酸化炭素の排出問題に関して日本での火力発電に石炭を使用している点に関して問い質された。

問題は解決されなければならないという認識があることは示すことが出来たが、その解決のための具体的な方法や方向性については答えることが出来なかった。火力発電に限らず、本質的な論議として考えた場合、小泉大臣に向けられた"How?"(いかにして?)という質問は各国の環境問題に携わっている人々にも同様に向けられている問いでもある。

そして、その問いはこの地球という惑星に生活している私達一人一人に向けられている問いでもある。

ここ最近の台風が大型化し易くなっているのは海水温の上昇がその重要な要因となっているという。

大気圏の厚さも水層圏の厚さも地球が直径1mの球体だとするとそれぞれ1mm程になる。

そのわずか2mmの薄い膜の中に殆どすべての生物が息づいている。

海水温の上昇に影響を与えている主たる要因が人類の活動そのものだという分析が本当に正しいのだという前提が成立するのなら、活動の主体である人類がその責を負わねばならないはずだ。

空気中の酸素濃度が20.9%に保たれたままでこの惑星が回転し続けているというとてつもない奇跡の中で我々に向けられている"How?"は今までもそしてこれからも問われ続けるのであろうが、そろそろその答えを出して行くべき期限が迫って来ている状況証拠が目の前に提示されて来ている気がしてならない。

ひとつの可能性としてAIが答えを出してくれるのだろうか?

しかし、演算を得意とするAIには具体的な計算課題をインプットしなければ答えは出せないだろう。課題の設定は、やはり我々人類が行うべき大切な仕事に違いない。

いろいろな考え、アイデアが求められているに違いない。いったい、誰から?誰の為に?

私はあの会議の様子の放映以来、"How?"を考え続けている。考えるだけでは不足だろうという心の奥底からの想いが湧いても来る。

だから、"How?"

投稿者副院長・腎臓科部長 小野寺 康博
カレンダー
カテゴリー