「私の地元の名物紹介」 千田 一輝
2020年11月25日

私は生まれてから十八年間帯広で過ごしました。大学時代から親元を離れ、一人暮らしを始めて約十年になります。大学時代は長期休みになるとすぐに実家に帰っていました。しかし、大学時代の後半から病院で勤務するようになるとなかなか実家に帰れなくなってしまいました。

ですが、実家に帰る時に必ずと言っていい程食べるものがあります。それはインデアンカレーです。札幌ではスープカレーが有名ですが、インデアンカレーはご飯の上にルーがのったルーカレーなのです。すごく美味しいという訳ではないのですが、昔ながらの素朴な味かつ五百円以内で食べられ、地元帯広の方も家から鍋を持ってルーを買いに行く程、非常に人気があります。

ちなみに、インデアンルーにチキンかハンバーグのどちらか、そして、チーズをトッピングするのが私のおすすめです(笑)

その他にも、六花亭、柳月、クランベリー、高橋まんじゅう屋といったスイーツのお店があり、六花亭では大平原、柳月では三方六、クランベリーではスイートポテト、高橋まんじゅう屋ではおやきといった代表的なお菓子がたくさんあります。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大でなかなか外出できない日々が続いていると思います。新型コロナウイルスの感染が落ち着いてきた際には、是非帯広に遊びに行ってみて下さい!

投稿者薬局 千田 一輝