最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

ホーム > 採用情報 > 医師募集 > 外傷センター

医師募集

外傷センター

 当センターは整形外科外傷全般を治療しています。一般四肢外傷治療のみならず開放骨折、切断指、切断肢、重度手部外傷、骨盤・寛骨臼骨折など重度四肢外傷を多く治療しているのが特徴です。それゆえ研修希望医も下記の如く幅広く募集中です。

治療対象疾患カテゴリー

  • 重症手部外傷(切断指など)
  • 重度四肢外傷(重度開放骨折、切断肢を含む)
  • 重症四肢関節内骨折
  • 脊椎損傷
  • 骨盤・寛骨臼骨折
  • 外傷後遺障害
  • 一般四肢外傷

2012年度年間手術件数

  • 手術件数 2250例(整形外科外傷のみ)
  • 緊急手術数234例、危急手術数1596例、予定手術数420例

学術研修内容

  • 術前・術後カンファレンス(月~土、7:00~8:00)の実践
  • 全症例Power Point slide作成によるpresentation
  • 全症例FileMakerによる臨床データの集積
  • 年に2-3例以上の学会発表、2-3例以上の論文作成
  • 各種セミナーへの参加

研修カリキュラム

1. Stage1(卒後3年-5年):外傷前期研修

  • 外傷初期診療法の習得
  • 骨折治療法(AO法)の習得
  • 整形外科変性疾患対応法の習得

2. Stage2(卒後6年-8年):外傷後期研修

  • 関節内骨折骨接合法の習得
  • マイクロサージャリー初歩の習得
  • 脊椎外傷治療法の習得

3. stage3(卒後9年-10年):外傷指導医研修

  • 重度四肢外傷治療法の習得
  • マイクロサージャリー応用法の習得
  • イリザロフ創外固定法の習得
  • 骨盤寛骨臼骨折骨接合法の習得
  • 外傷教育法の習得

研修期間と募集人数

 研修期間: 1年以上
 募集人員: 1-2名以上

手外科・マイクロサージャリー研修


 このセンター最大の魅力はマイクロ技術を駆使した四肢外傷の再建である。初診から診断、治療、術後リハビリまで全てを一貫して行うことが出来ることが、当センターの醍醐味であろう。また、四肢外傷再建の約半数以上の症例は手の外科領域に関わるものである。つまり、手の外科に精通することが、四肢再建外科医として必須である。外傷治療において、必須の技術であるマイクロサージャリーと手の外科知識・技量であるが、これらを同時に習得することは一般病院では難しくなっているのが現状である。当センターには、その両者を駆使しなければならない症例がある。ここでの経験・実践が自然とその両者を身に付けることになるのである。
 両方の技術を習得出来れば、今後の自身のキャリアにおいても有益なこととなるであろう。経験豊富な指導医が多数在籍し、マイクロ初心者であったとしても、熱意と情熱があれば、1年間のマイクロ練習・実践を行うことで、四肢再建外科医として、あらゆる困難な症例に挑むことが出来るようになるはずです!!
 年々減少傾向にある?切断指再接着ではあるが当院では1年間に34例40指(2012年手術実績より)であり、全道随一の症例数を誇っている。マイクロ・手の外科の全てが凝縮されていると言っても過言ではない手術を是非、執刀してみませんか?
四肢再建外科医に必要なものとは・・・。

  1. 損傷組織を把握し、実現可能な再建を導く創造力
  2. 繊細かつ精巧な修復を実行する技術力

である。
 想像して欲しい、持てる技術を駆使し、目の前の患者に最大限の機能を温存、獲得させることが出来る喜びを!! 興味のある全国の諸先生方は、是非、気軽に見学に来てください。

整形外科外傷研修


「整形外科外傷の勉強をしてきてくれないだろうか?」
出身大学の主任教授より願ってもないオファーがあり平成25年4月より私は札幌徳洲会病院外傷センターの一員となった。
私の出身は「九州のへそ」と言われる熊本県である。かの地で生を受けこの年になるまで一度も地元を離れた事がない私にとって外傷のメッカに行けるとはいえ津軽海峡はおろか関門海峡を越えることさえも大きな壁である。そこを後押ししてくれたのが施設見学に行った際に目にした早朝カンファレンスであった。
カントコトロ、アイヌ語で「空」を意味する名を持つこの講堂で「漢」たちが自分の症例に込めた思いをスライドに託し意見を戦わせる。もちろんその議論には根拠がなくてはならない。AO foundationの示す原則にのっとり方針を決定、手術に向かいまた治療結果を報告する。思い込みの意見は決して許されずに激しく糾弾される。
その戦いの中心にはあのカリスマが鎮座し時に静かに時に激しくexpert opinionという名の火を吐く。
そんな光景に触れた私はすぐに「ここでこの人たちの仲間に(discussionに)加わりたい」という思いを強くすることとなる。その願いは札幌徳洲会病院研修センター中條氏の手によって驚くほど簡単にかなえられた。
実際に来てみるとあの中心にいたカリスマの姿はすでに無く、病院の施設も体制も新たな病院へと生まれ変わる中途の段階にあるようにみえる。しかしカリスマの系譜は脈々と受け継がれており今日のカンファレンスでも私のスライドはいとも簡単に討ち取られていくのだ。一日も早く「漢」の一員として認められるべく精進の毎日である。

自分自身、平成13年卒業と世間一般的には中堅どころであります。しかし基礎系大学院にいたこともあって同期と比べ臨床経験に乏しい状態にありました。また外に飛び出すには年齢が高すぎるのではないかなど、なにかと不安が大きかったのですが驚くほどすんなり受け入れてもらえました。
年齢的に下の先生方にも「ism」が浸透しておりすぐに相談に乗ってもらえ、非常にありがたい環境です。