心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

先輩ナースにインタビュー

トップページ > 先輩ナースにインタビュー > 主任ナース

先輩ナースにインタビュー

私が看護師として大切にしていることは、沢山ありすぎて絞ることが難しいが、自分の看護観でもある「安全・安楽・思いやり・患者様への誠実さ」である。
当院で新人時代に指導して頂いていた伊藤師長が患者様の安全・安楽を守るとはどういうことかなどをとても大切にしていて、看護の基礎を学ぶことが出来た。それは今の自分の基礎となっている。 どうしたらいいのか迷った時などは、どの方法が一番患者様の安全を守れるかなどと考え判断するようにしている。
また、患者様への気遣いや配慮などを忘れず、相手の気持ちなどを推し量り、思いやりをもって接することが大切であると考えている。 看護は人と人との関わりであり、不安の軽減に安心感をもって入院生活を過ごして欲しいと考えている。
最後に看護師として、プロ意識をもって、患者様への常に勉強をし、知識習得に努めること、今ある問題に真摯に誠実に向き合うことを日々大切にしている。 患者様へ常に安全な療養環境を提供する責任が私たちにはあり、そのための日々の研鑽を怠ってはいけないと考える。
まだ副主任になって2年目であり、まだまだ沢山学ばなければならないことが多いため、自己の課題が盛りだくさんであるため、自分の看護観もしっかり持ちつつ、問題に取り組んでいきたいと思う。