心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「わさお」 

投稿日時:2018年2月1日 09:11 木曜日

みなさんは涙を最近流したことはありますか?

ちまたでは、「涙活」と言って、意図的に感動するドラマや映画を観て、能動的に泣く事でストレスが軽減する事を言うそうです。涙を流す事により、人間の自律神経は、緊張や興奮を促す交換神経が優位な状態からリラックスや安静を促す副交感神経が優位な状態に切り替わりストレスが解消される効果があります。
私は最近、涙をたくさん流していません。泣く事が少なくなったと感じています。

人生50年も生きていれば神経がどんどん図太くなって、本気で泣く事を恐れ、簡単に泣けなくなった自分がいます。
しかし、先日、日本テレビの「天才!志村どうぶつ園」の「わさお」が出ていた番組を見て感動して大泣きをしました。
青森県の『ぶさかわ犬』として映画やテレビに出演している「わさお」は、手のつけられなかった凶暴な野良犬として有名でした。そんな「わさお」を、唯一、手なづけ引き取った菊谷節子さんが、昨年11月30日に病気で亡くなってしまいました。生前の「わさお」と菊谷さん関係を見ると、単なるペットと飼い主の枠を超えたパートナーとしての深い絆があったと感じます。
「わさお」は、菊谷さんが亡くなってからずっと、道路の方を見つめて耳を澄ませ、鼻を動かし,菊谷さんを探していました。亡くなった菊谷さんも、どんなにか心残りだったかと考えると胸がはり裂けそうです。
人間と動物の深い絆と感動の物語を見て、新年早々純粋な涙を流しました。
菊谷さんを失った悲しみを乗り越えて、たくましく生きて欲しいと心から思いました。

「わさお!!」元気で頑張るんだよ。
ふと我に返ると、我が家の愛すべき2匹のわんちゃん。けなげな瞳で、しっぽふりふり私を見ています。純粋な愛情が伝わってきます。私も、この子達のためにもいつも元気でいなければと心に誓いました。
「涙活」・・・なんか心があったかくて優しい気持ちにしてくれました。

投稿者:6階西病棟 大島 由加子

前の記事へ 次の記事へ