心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「リレーエッセイ」 救急外来副主任 桜井 政純

投稿日時:2014年6月24日 08:07 火曜日

5月の終わりに、北広島救急隊と研修会を行いました。研修終了後に、指令室や消防署の中の見学をさせてもらいました。指令室は、GPSがあれば、場所が分からなくても30秒ほどで場所が特定できるようになっており、いち早く人命救助する設備が整っており驚きました。指令室のあと、車庫に行き火事の時放水するポンプ車や化学薬品の時に出動する化学車、事故等で活躍する救助工作者、その他レスキュ―車、はしご車、そして救急車。子供の頃に憧れる消防、今は、幼稚園や小学校で社会見学にもなっていますが、私の幼少頃にはなかったので、ちょっとした社会見学になって楽しかったです。一番の印象は、すぐに出動できるように、車の横にブーツが履けるように置かれていたことです。私も命に直結した救急センターに勤めてますが、見学させて頂き、形は違いますが人の命を救う職業として素晴らしいなと感銘しました。








投稿者:救急外来副主任 桜井 政純

前の記事へ 次の記事へ