心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「猫」 副看護部長 木村 玉枝

投稿日時:2014年5月13日 08:09 火曜日

私は猫が大好きです。溺愛しています。
眼の中に入れても痛くないほど(?)です。特に猫のまん丸な後頭部が好きです。
猫のショップやTVなどは必ず見ます。
最近、CMやドラマ・映画に猫の出演が増えて楽しみが増えましたし、猫ブログもおもしろそうなものをチェックして、毎日見ています。
猫の新製品やおもちゃはとりあえず買います。なので、家の中は猫タワーやグッズで一杯です。
みなさんはペットと暮らしていますか?
今はアニマルセラピーという言葉がある位、動物は人間にとって重要な存在であることが認識されてきました。
私の家の猫は、癒しと言うよりも、家族の中で一番偉い、なくてはならない存在です。
一説によると、猫には3歳児くらいの知能があるようですが、毎日同じ日常生活の繰り返しなので、実はもっといろいろなことが分かっているのではないかと、思っています。
うちの猫も七色の声を使い分け、おやつ・遊び・抱っこを要求してきます。鳴き声で何を言っているのかだいたい分かるものです。
とにかく、姿・鳴き声・しぐさ全てがかわいいのです。
出来れば家猫だけでなく、地球上にいる全ての猫に幸せになってほしいと願っています。
みなさんも私と猫友になって、猫中心の生活に染まってみませんか?


投稿者:副看護部長 木村 玉枝

前の記事へ 次の記事へ