心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「節電を考える」 

投稿日時:2014年11月25日 08:09 火曜日

11月から電気料金が値上がりになりました。昨年の9月にも値上がりし来年4月にも値上がりする予定です。私の家は1戸建てのオール電化で、光熱費が安いのでオール電化住宅を勧めていたあの時期に建てました。それがこんなことになるなら、、と後悔しています。しかも11月に値上げと言うのは、これから冬を迎えるのに最悪です。企業においては何百万ものコストが上がり、値上げ分が商品代金に転嫁されれば負担するのは消費者の私たちです。消費税の値上がり、健康保険、厚生年金負担増と収入は変わらないのに(むしろ税金で減った、、、)何もかも値上がりになりました。
節約は精一杯やっている、、、と思いますが、今回は私の一番の悩み?である電気料金値上がりに的を絞り、どのようにすると少しでも節約できるのか、節電と言っても幅広いので、家の防寒対策で考えてみたいと思います。

1,窓際にタイルを置く タイルが熱を吸収してじんわり部屋を暖めるそうです。その上に観葉植物を置くとさらに効果がアップするそうです。また窓枠にプチプチシートなどを貼るのも窓の内側と外側の温度差が変わらなくなるので結露も減少するようです。

2,床対策 コルクマットを敷くと床の冷気を防いでくれる他、防音効果もあります。見た目は良くないですが、ダンボールを敷くと言う手段もあるようです。

3,カーテンに工夫をする カーテンは厚手で床まで届くものにすると温暖効果があるようです。ただ、わざわざ買い換えるのもお金がかかってしますからカーテンの裾に使い古しのシーツやタオルなどを付け足したり、カーテンレールの上部をバスタオルなどで覆っても十分効果があるようです。

4,コタツにかえる いろいろ探しましたが、暖房はコタツが一番安いのですって!(違ったらごめんなさい)我が家は本日コタツを出してみました。

などなどいろんな事が出来ますが、節電を始めるにもお金がかかりますね。どうしたらお得なのか、外観よりも無料のダンボールを選ぶのか悩むところです。暖房を沢山使うと、電気代がかかることはもちろんですが、室外との急激な温度変化によって血圧が上昇したり下降したり、脈泊が早くなったり命に関わることもあります。心掛けたいのは、暖房で部屋を暖めたらできるだけ熱が逃げないようにすること。これなら健康にも、暖房の節約にも役立ってくれそうですね。
これから「雪かき」シーズンもやってきます。皆さん自分自身の防寒対策も忘れずに、急な温度変化に注意してくださいね。


投稿者:救急外来副主任 村上 奈美

前の記事へ 次の記事へ