心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「リレーエッセー」 

投稿日時:2014年11月18日 08:06 火曜日

リレーエッセイを初めて書きます。テーマがなく自由な内容でいいということで何を書いたらいいか迷いました。

私は、看護師になって約15年たちました。新人で就職したのが、今も働いている札幌徳洲会病院でした。1年半程度、仕事を離れていた時期もありましたが、よくここまで働き続けられたものだと思います。きっとそれは、一緒に働いているスタッフのおかげだと思います。私はずっとICUで働いていたわけではありません。新人で配属された部署は内科病棟でした。そして、翌年にICUに配置換えとなりました。どちらの病棟でも、私には、プリセプターというお姉さん的な先輩がついてくれていました。その先輩達や他のスタッフからの指導があり、今の自分がいると思います。今は、自分が教える立場になることの方が多いですが、そんな立場だからこそ、知識向上に努める必要があると感じています。看護学校で、「看護師は生涯、勉強し続けるもの」だと言われたことが、学生のときは、あまり理解していなかったのですが、今はしっかりと理解できます。

現在、副主任として働いていますが、まだまだ頼りない副主任だと思います。大好きなICUスタッフに支えられながら、これからも成長できるように、みんなの役に立てるように、頑張っていきたいと思っています。


投稿者:ICU副主任 山森 梨沙

前の記事へ 次の記事へ