心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「筋肉痛」 

投稿日時:2014年10月28日 15:20 火曜日

 今年もあと、残すところわずかになってきましたね。1年は本当に早いです。

以前、新しい発見や日々新鮮な出来事で毎日を送っていると早さを感じない、だから幼少期は、見るもの・聞くものが新しく1年が早いなんて感じないと聞いたことがあります。

大人になると日々仕事に追われ、見るものが新しく、毎日新鮮な出来事なんてないかもしれません。私も、朝出勤してきて、気が付いたら夕方になっていることもあります。せめて、休日やイベント時は家でだらだらせずに、色々な物に触れ、リフレッシュしたいものです。

 我が家の休日は、予定がないとダラダラとして1日が終わってしまいます。午前中ずっとスマホ・ゲーム・パソコンと子供たちも、そのローテーションで1日を終わらせてしまいます。「何とか体を動かさせたい」そうは思っても大きくなっていく子供たちは、親の思いどおりにはいかないものです。そんな中、無理やり連れて行ったのが「北広島レクの森」です。森の中でレクリエーションができ、無料です。色々工夫されており、年齢別でも対応できるようになっています。最初は、「面倒だ」「帰りたい」と文句を言っていましたが、始めてみると、2人で競って楽しそうに進んでいきました。全てクリアしようとすると、1時間?1時間半はかかります。私は見ているだけですが、上り・下りを共に歩くため、翌日は結構な筋肉痛に襲われます。

また、最近何度か行った「ラウンド・ワン」ここは「スポッチャ」というスポーツや遊びが一緒になった、屋内施設があります。カラオケやゲームもあります。交代制なので次の人が待っていたら、10分程で終わりますが、いなければ継続できます。先日バドミントンを30分継続してみたところ、翌日筋肉痛に襲われました。

 結局、私は何か運動をすると筋肉痛になります。若いころは運動部だったので、余程走り込みなどしなければ、筋肉痛にはなりませんでした。いかに、体を動かす機会が少ないか・・・ということです。歳と共に筋肉痛の出現が遅くなり、そして持続するようになってきました。そろそろ自分の健康にも気を使っていかなければなりません。これから冬になると、ますます運動する機会が減ってきます。車に頼らず、なるべく歩くように心がけたいと思います。

4階西病棟師長 竹島 裕美


前の記事へ 次の記事へ