心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「温泉めぐり」 看護部 藤原 比佳里

投稿日時:2014年6月4日 10:03 水曜日

北海道内には2000か所を越える源泉があります。
私は休日は温泉めぐりをするのが楽しみで、一生のうち何か所巡ることができるのかと、生き急ぐように新たな温泉の発見(?)に人生を捧げています。

近年は「北海道じゃらん」(潤・潟Nルート)で毎年『北海道温泉めぐりスタンプラリー』を実施していますね。
毎年スタンプの数でもらえる景品が楽しみで、昨年度は84か所を巡りました。もちろん、スタンプラリーに参加していない施設も訪れ、年間100か所以上は湯めぐりしています。

昨年度訪れた温泉で気に入った場所は、道央では山海荘(白老町)や松原温泉(千歳市)、道南では盤石温泉(森町)やモッタ海岸温泉(島牧村)、道東では足寄温泉(足寄町)やオンネトー温泉景福(雌阿寒温泉)、川湯温泉(弟子屈町)、道北ではオソウシ温泉鹿乃湯荘(新得町)や豊富温泉ふれあいセンター(豊富町)などなど…。

お湯につかってまったりしていると、血管拡張の効果か筋緊張も低下するので私には抜群のリラックス効果があり、気が付くと1時間なんてあっという間…。
最近はガソリン代の高騰に苦しめられていますが、このまったり感を求めて、勤務終了後に高速道路を使って家に帰る前にひとっ風呂…なんてこともしばしば。

何歳まで自分の身体が長距離運転に耐えられるかはわかりませんが、楽しみがあってこそ、仕事も充実できるのだと実感している日々です。


投稿者:看護部 藤原 比佳里

前の記事へ 次の記事へ