心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「保険の悩み」 3階東病棟 澤田 和美

投稿日時:2014年5月20日 16:08 火曜日

私の今の悩みは「どんな保険に入ろうか」ということです。
なんとなく入っていた養老保険がもうすぐ満期を迎えると気づいてからの悩みです。いろいろな資料を集めたりもしましたが、契約後見直しをしたくない慎重さのためか、ただの優柔不断さのせいか、もう数か月「どうしようかなぁ」と決められずにいます。

私は幸いなことに、これまでお産以外で入院したことは一度もありません。しかし大きな病気に罹る年代といえば正にこれからで、皆思いがけず病気になることもよくわかっているつもりです。一方、高額医療費制度などがあるのだし毎月払うつもりの保険料を蓄えておけば良いのではないか、という思いも拭いきれません。

いつ大病をするか、働けなくなるかという不安がなくなるような手厚い保障をつけようとすれば高額な保険料が必要でしょうし、どれだけ保障があれば自分が安心できるのかもよくわかりません。いろいろな人に話を聞いてみたりもするのですが、結局自分に合った保険は「自分の考え方次第」と悩みは振り出しに戻ります。

私がただ延々と悩み続けているのは、当たり外れを言い当てようとするギャンブルを楽しむ気持ちに近いのかも知れません。保険で儲けようとは思いませんが、損をしたくない気持ちも確かにあると思うのです。

酒量を減らして、ちょっと汗をかくような運動を続ければ元気に過ごせる確率が上がるでしょう。自分は何歳まで生きるのだろう、50代60代も元気に働き続けられるだろうかと考えるだけでなく、今の生活を大事にすべきと思います。なかなか思うようにはできませんが、病気になって後悔するのは保険の内容でなく、きっと それまでの生活の仕方なんでしょうね


投稿者:3階東病棟 澤田 和美

前の記事へ 次の記事へ