心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「ナース3年目奮闘中」 4階東病棟 岩崎 さくら

投稿日時:2013年5月22日 08:16 水曜日

私の働いている病棟は、整形、内科、耳鼻科、脳外科等々のさまざまな疾患のある患者さんがいる混合病棟です。日々の業務におわれ、1日があっというまに過ぎてしまいます。時間ってこんなに短いんだとつくづく感じさせられます。忙しいなかでもプライベートをやりくりしながら時には、同期で旅行することもあります。時間を無駄にしないのもこの仕事に就いて学んだことかもしれません。業務でいうと看護師は、自分の祖父母よりも上の年代の高齢者と接することも多々あります。働く前は患者さんとのコミュニケーションって、どうしたらいいんだろうと思っていました。実際、自分たちよりも70才以上離れている患者さんが入院していることは珍しくありません。困ったときには、天気の話しをしてみます。野球の話しをしてみます。花の話しをしてみます。どの患者さんも自分たちの孫のように、私たちに色々な経験談や昔話しをしてくれます。こんな経験は看護師をやっていなかったら出来ることではないんだろうなと思います。知識や技術は先輩たちにはかないません。先輩たちから、時には叱咤激励を受けることもあります。しかし、そんな経験がきっと自分たちの看護にいかせる時がくると思って頑張っています。ゆとり世代と言われる私たちですが、いつかゆとり世代がこの札幌徳洲会病院を支える時がくるかもしれません。

投稿者:4階東病棟 岩崎 さくら

前の記事へ 次の記事へ