心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「男はつらいよ」 5階西病棟 花田 導雄

投稿日時:2013年1月8日 08:08 火曜日

こんにちは、私は五階西病棟で看護師をしています花田導雄と申します。看護師としては九年目で当院では四年目です。さて、今回のテーマは「男はつらいよ」ということで書かせていただきたいと思います。
近年肉食系女子・草食系男子など女性の力が男性を凌いでいる傾向が見受けられます。五階西病棟においても同様です。患者さんから見れば白衣の天使。私たち男から見れば…。
まぁそんなパワフルな女性が多い環境だから勿論色々あるわけで。例えばそれまで三交代だった私にとって二交代の夜勤の長い事。でも一緒に働いているのは女性、つらいなんて言えませんよね。当院で働き出した一年目に腰を痛めて約二週間の休み。情けなかったです。それ以外はスタッフが良いためあまりつらいとは思っていない自分がいます。
 男としての役割は自分でも良く分かりませんが体力面であったり、視点の違いであったり、女性に無いものがいくつか男の自分にはあるはず!そう信じてこれからも頑張っていこうと思っています。
 旧病院の頃から私は大勢の女性看護師の中でたった一人の男でした。そのため客観的な視点で見れば良くも悪くも目立つ存在だったのではないかと思います。
 患者さんから「男の看護師に?言われた」と言われたら勿論私しか居ないわけですから見えないプレッシャーみたいなものはあったのかもしれません。
 さて、そんな私にも昨年度喜ばしい出来事がありました。なんと男性看護師が入職してきたのです。しかも二名。これからは数少ない男性看護師で切磋琢磨しながら頑張って行きたいと思います。そしていつの日か男三人の夜勤なんて日も…。

投稿者:5階西病棟 花田 導雄

前の記事へ 次の記事へ