心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「男はつらいよ」 7階西病棟 菊池 洋希

投稿日時:2013年4月19日 14:47 金曜日

7階西病棟の菊地です。この四月で看護師歴4年目へ突入しました。二月から4階東病棟からここ7階西病棟へ異動となり、新たな環境で日々勉強の毎日です。

さて、「男はつらいよ」というテーマですが他の諸先輩方、同僚たちが先のエッセイで綴っている通り、「男だから」という理由で辛い経験をしたということはあまり記憶にございません。それはやはり学生の時から女性の多い環境にいて慣れてきたということもあるでしょう。女性の患者様から処置を断られることももちろんありましたが、看護師といえども男女間であればそれは極自然なことです。羞恥心を伴うケアの場合はあらかじめ女性スタッフと相談し業務を調整しますし、当院のスタッフはそれを快く引き受けてくれます。とてもスムーズで働きやすい環境だと思います。

 私が看護学生の頃、臨地実習で引率の看護教諭と振り返りをした際に言われた言葉があります。「菊地くん、もっと父性のある看護を意識したらどうだろう」と。その恩師もまた看護教諭としては珍しい男性なのですが、当時17歳の少年には、父性のある看護など考えてもその真意は見つかりません。GoogleやYahooで検索しても見つかりません。私は元来人見知りな性格で、見た目・態度もTHE草食系といった形容が当てはまる人間ですから(実際に言われたことは数知れず)、余計に父性というものに縁遠かったのかもしれません。

 丸3年看護師として経験を積んだ今でも、男性看護師の存在意義を考えつづけています。それは力仕事や機器の操作、性差による関係性にとどまらず、もっと男ならではメリットがあるはずだ!!と。 

昨今、男性看護師が増えたといえども全国的にはまだほんの5?6%です。男性看護師が力を発揮するには、存在意義云々と語りだすにはまだまだ少数といえます。←ここまでの情報Googleで検索しました。男性看護師を増やしたい一心で書き連ねています。そこのあなた!!一緒に働きましょう!!
草食系ナースマン代表、菊地でした。

投稿者:7階西病棟 菊池 洋希

前の記事へ 次の記事へ