心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「男はつらいよ」 7階東病棟 高橋 優典

投稿日時:2012年12月18日 08:17 火曜日

こんにちは。7階東病棟で勤務している新人看護師の高橋優典です。
看護師として働き始めて半年と3カ月長いようで早くあっというまでした。そんな短い期間でも男性看護師は辛いなと感じた場面があります。やはり毎日の保清場面で辛いと感じることが多いです。

「男性はちょっと」とおっしゃる方や「女性でお願いします」と断られることも少なくありません。そんな時男性看護師は働きにくいなと感じる時があります。しかし、中には「男性看護師でよかった」「男の人は力が強くて拭いてもらうと気持ちいい」と言ってくれる方や車椅子に移乗する際も「男性だと力があるから安心する」という言葉もかけて頂き男性看護師もやりがいがあり必要とされていて楽しいなと感じながら仕事をしています。

7階東病棟には男性看護師が私を含めて4名います。学生時代からそうでしたがなぜか男性同士のつながりが強いように感じます。仕事で困ったことや悩みがあってもやはり男性の方が話しやすく相談しやすいです。特に徳洲会病院は男性看護師が多いと聞いているので男性が働きやすい環境なのかなと思います。

看護師は女性と感じる人もまだ多いと思いますが、男性にしかできないことや考え方があると思います。看護界に新しい風を吹かせる事ができるよう日々努力し自分の信じた看護を行っていきたいと思います。

投稿者:7階東病棟 高橋 優典

前の記事へ 次の記事へ