心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「男はつらいよ」 手術室師長 加藤 昇

投稿日時:2012年10月16日 07:59 火曜日

今回、男性看護師に与えられたテーマは「男はつらいよ」との事でした。看護師として働き始め早23年が経ち、つらいことは沢山あったような気がします。そこで、改めて男性看護師だからつらかった事は何だったのか考えてみました。しかし考えてみると、あまり男性である事が理由でつらい事が見つかりません。自分としてもその事に驚いています。このテーマを聞いた時に「そんな事いくらでもあるよ。」と思っていましたが、本当に思いつきませんでした。唯一思いついた事は以前のエッセイにも書きましたが、看護学校に入学したての頃に、女性ばかりの環境に慣れるまでがつらかった事を覚えています。
現在では、女性ばかりの環境にも完全に慣れてしまい、男性看護師が自分の部下になる事のほうが不自然に思えてしまいます。きっと外から見ていると女性ばかりの中で結構つらい思いをしている様に見えるようですが、そうでもないのが実感です。
看護師を目指している男子学生の皆さん、大丈夫です!徳洲会病院には、沢山の女性たちの中でも生き残っている男性看護師が大勢います。僕らの仲間になって共に頑張りましょう!男性看護師大歓迎です!!

投稿者:手術室師長 加藤 昇

前の記事へ 次の記事へ