心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「男はつらいよ」 ICU 大作 一世

投稿日時:2012年10月30日 13:59 火曜日

初めまして!ICU3年目看護師の「おおさく いっせい」です。名前をよく「だいさく かずよさんですか?」と間違えられることがあるので、あえて平仮名で自己紹介させていただきました(笑)
僕は函館出身で高校の時は函館にある男子校に通っていました。高校を卒業して、看護学校に入学しましたが、女性ばかりで高校の時とは180度違う世界でした。高校の時は男ばかりで色々と気を遣わなくても良かったのですが、看護学校に入学してからは言葉遣いや身だしなみなどにすごく気を遣うようになりました。休み時間とかは教室で女子がにぎやかに会話をする中、肩身の狭いクラスメートの男子メンバーは教室を出て学校にあるベランダで会話をしながら、「女子がワイワイしてて、いる場所がないから辛いね?」なんて言ってた時期もありました。しかし、今となっては看護学校時代も含めて、女性の世界に飛び込んで8年目になりました。と言っても今は男性看護師もだいぶ増えてきたのではないかと思います。自分自身も看護の道を志してから8年になるわけですので、女性が多い職場に違和感を持たなくなったのもあるかもしれません。
男性の患者さんからはオムツ交換や清拭をしていたときに「男の看護師さんがいて良かったよ。女の人にやってもらうの恥ずかしいからさ」と言われたときは嬉しくて、男性看護師の存在意義を実感しました。現在はICUのスタッフに恵まれているおかげで日々の仕事に精進することが出来ています。これからも患者さんにとって必要とされる男性看護師を目指して関わっていけるようにしたいです。

投稿者:ICU 大作 一世

「男はつらいよ」 4階東病棟副主任 小枝 政史

投稿日時:2012年10月23日 08:02 火曜日

私が看護師になった当時は、全国の男性看護師をかき集めても数千人しかいませんでした。数十人の女性の中に男一人の職場なんてザラ。患者さんの所に行っても男性の看護師って何?説明されても意味がわからない…。患者さんから拒否されるなんてごく当たり前の光景でした。全くと言っていい程、認知されていませんでしたので、就職先を探しても「男性はお断りしています。」(今は男女雇用均等法が導入されて改善されています。)と断られることもありました。男性看護師が働ける病院はせいぜい限られた整形外科や精神科、手術室程度しかありませんでした。
毎日、朝から晩まで働きながら看護学校に通い、学校のない日は見習い夜勤をこなして給料は手取り7万円。(当時の高卒初任給が確か14万程。ちなみに初任給は3万8千円也。)“看護婦(士)は3K(危険、汚い、きつい)だ”と揶揄され、「何であんな仕事したいの?」と質問されるような時代は既に遠い過去の話です。今は景気に左右されない看護師業界は大盛況!(だと思う。)男性看護師も沢山増えました。「看護師です。」と伝えれば患者さんはすぐに理解してくれるし、男性は力があって安心!と嬉しいお言葉を頂戴することもしばしば。昔に比べて働きやすくなったことは紛れもない事実です。
 私にとって、「男はつらいよ」なんて、あの時を思い出せば決して口に出せない言葉なのです。

投稿者:4階東病棟副主任 小枝 政史

「男はつらいよ」 手術室師長 加藤 昇

投稿日時:2012年10月16日 07:59 火曜日

今回、男性看護師に与えられたテーマは「男はつらいよ」との事でした。看護師として働き始め早23年が経ち、つらいことは沢山あったような気がします。そこで、改めて男性看護師だからつらかった事は何だったのか考えてみました。しかし考えてみると、あまり男性である事が理由でつらい事が見つかりません。自分としてもその事に驚いています。このテーマを聞いた時に「そんな事いくらでもあるよ。」と思っていましたが、本当に思いつきませんでした。唯一思いついた事は以前のエッセイにも書きましたが、看護学校に入学したての頃に、女性ばかりの環境に慣れるまでがつらかった事を覚えています。
現在では、女性ばかりの環境にも完全に慣れてしまい、男性看護師が自分の部下になる事のほうが不自然に思えてしまいます。きっと外から見ていると女性ばかりの中で結構つらい思いをしている様に見えるようですが、そうでもないのが実感です。
看護師を目指している男子学生の皆さん、大丈夫です!徳洲会病院には、沢山の女性たちの中でも生き残っている男性看護師が大勢います。僕らの仲間になって共に頑張りましょう!男性看護師大歓迎です!!

投稿者:手術室師長 加藤 昇

前の記事へ 次の記事へ