心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「私の職場の愛すべき人たち」 透析室主任 齋藤 純子

投稿日時:2011年12月13日 08: 火曜日

透析センタースタッフは、私を含め10名です。そのうち子育て真っ最中のスタッフが4名います。子育てしながら仕事をするには良い環境の職場だと思っています。
看護師をしていても、子育てになると悩みは付き物ですが、同じ年代の子供をもっていると、お互いに情報交換し自然と悩み相談が始まったり、子供が体調悪くなると、すぐに勤務交替を申し出たりと、協力体制が出来ています。また、子育てが一段落したスタッフもいるため、一味違った(母親的?)相談役にもなっており、とてもいい雰囲気の職場だと感じています。
さらに、ファミリー的なスタッフなので患者さんに対しても、家族のように接し、一生懸命になって、困っていることを解決しようとがんばっている姿が見られます。

透析は専門知識や技術が必要な部署であり、習得するには6か月?1年を要します。
この知識と技術を更に深めるために、透析技術認定士という資格があり、透析に2年?3年以上従事した看護師や臨床工学技士が受験できます。
当院でも、4名資格取得者がおり、そのうち1名は今年合格しました。
専門性を目指し、スペシャリストとして成長するためにも、全員が取得できるような環境つくりができるといいなと思っています。

投稿者:透析室主任 齋藤 純子

前の記事へ 次の記事へ