心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「花と孫」 看護部長  菊池 玲子

投稿日時:2011年1月11日 14:51 火曜日

私の甥と姪は幼少の頃から私のことを「ママ」と呼んでいます。甥が中学、姪が小学生のときに母親を亡くし、その時以来、この子供達の住み込みネーヤをしてきました。子供達も結婚し、やれやれと思っていたのもつかの間、孫が生まれた、家を建てた、又、孫が生まれるといつまで経っても気の休まる時がありません。昨年11月から今年1月の始めにかけ、二人目の孫達もそれぞれ無事に生まれ、ホットして我が家に帰ると、何年も咲かなかったサボテンの花が咲いていました。
「二つの生命が誕生し、花も咲き、新年早々良い事づくし、こんな素晴らしい機会を戴いたことに感謝しよう」と「老体」に言い聞かせ、新鮮な気持ちで仕事に励んでいる此の頃です。
 

投稿者:看護部長  菊池 玲子

前の記事へ 次の記事へ