心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「私が看護師になったわけ」 6F病棟 副看護部長 木村玉枝

投稿日時:2011年1月25日 12:33 火曜日

私が看護師になったわけは、母親の存在が強く影響しています。
私が5歳の時に父が交通事故で亡くなり、母は女手一つで私たちを育ててくれました。
昼夜となく働く母の姿を見ながらも、母にべったりの私はわがまま放題で、いつも母のあとを追っていました。
母はよく私に「これからの女性は夫に頼らず、自分ひとりでも生きていけるように手に職を持つ時代だよ」と話してくれていました。
いつしか私は、母の期待にこたえたい、母を幸せにしたいと強く思うようになり、母の願いどおりに看護師への道を歩み始めました。
兄弟がいる大学と同じ地方の看護学校を選び、入学、そして無事卒業といくつもの大きな山を乗り越えられたのは、母の愛があったからこそと心から感謝しています。

投稿者:6F病棟 副看護部長 木村玉枝

「私が看護師を目指した理由」 副看護部長 工藤昭子

投稿日時:2011年1月18日 09:30 火曜日


「8歳職業決定説」と言って、人は8歳前後に経験した出来事が後々の職業決定に結びついている、という話を何かで読んだことがあります。自分がいつ看護師という職業を選んだのか、8歳かどうかはわかりませんが、いつも思い浮かぶ情景があります。

私が保育園児か小学校低学年の頃のことです。土曜日の昼下がり、父の運転する車で母を迎えに出かけました。大学病院の構内で路肩に止め、車から降りて母が出てくるのを待っていました。ぽかぽかしたお天気で、父は煙草をふかし、あたりをのんびりと眺めています。私は鉄柵にぶら下りながら、半地下になった大学の研究室らしき部屋をのぞいています。薄暗い部屋の中で台の上に犬が横たわっています。今思うとそこは解剖室だったのかも知れません。私はそこで白衣を着て立ち働く人の姿を興味津々に見ていました。そのうち母が出口から駆けてきて、続きは見られませんでした。おそらくそれが原風景的なものなのでしょう。
母は札幌医大の放射線科で働く看護婦でした。仕事が大好きで「看護婦っていい仕事だよ」とよく話していましたからそれに影響されたのが一番大きいのでしょう。それから手塚治虫の「ブラックジャック」をリアルタイムで読んでいたせいかも知れません。それでも中学生くらいまではただなんとなく、白衣を着た仕事がしたい、というくらいの気持ちでした。
看護婦を目指す直接のきっかけになったのは、高校1年の時に同級生ががんにかかり17歳で亡くなったことでした。頭が良くてたくさん本を読む人で、深い言葉や詩をいくつも教えてもらいました。大学を出たら新聞社に入り、将来はジャーナリストになりたいと言っていたその友達に、私は何もしてあげられませんでした。
言葉で書くと簡単ですが、無力で情けない胸の痛みを今でも感じます。

投稿者:副看護部長 工藤昭子

「花と孫」 看護部長  菊池 玲子

投稿日時:2011年1月11日 14:51 火曜日

私の甥と姪は幼少の頃から私のことを「ママ」と呼んでいます。甥が中学、姪が小学生のときに母親を亡くし、その時以来、この子供達の住み込みネーヤをしてきました。子供達も結婚し、やれやれと思っていたのもつかの間、孫が生まれた、家を建てた、又、孫が生まれるといつまで経っても気の休まる時がありません。昨年11月から今年1月の始めにかけ、二人目の孫達もそれぞれ無事に生まれ、ホットして我が家に帰ると、何年も咲かなかったサボテンの花が咲いていました。
「二つの生命が誕生し、花も咲き、新年早々良い事づくし、こんな素晴らしい機会を戴いたことに感謝しよう」と「老体」に言い聞かせ、新鮮な気持ちで仕事に励んでいる此の頃です。
 

投稿者:看護部長  菊池 玲子

前の記事へ 次の記事へ