心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「私が看護師を目指した理由」 小児科病棟副主任 山田 美樹

投稿日時:2011年5月17日 08:58 火曜日

私が看護師を目指した理由は、私が中学生のときに母親が入院したのがきっかけです。
病院嫌いの私でしたが、母親の入院中は面会に行く機会もあり看護師さんの仕事姿を目にしていました。面会に行くたび、看護師さんの顔も違いますが、どの方も笑顔で母親に接しており優しい声かけをしていたのを覚えています。母親も、入院生活や手術で不安なときに、優しく声を掛けてくれる看護師さんの存在はとても心強く、安心出来たと話していました。
中学生の私は、勉強より部活動に必死でした。高校生になり、将来の進路を考えたとき看護師になりたい気持ちが強くなり、看護学校を受験しました。
病院で働きながら学校に通い、大変な毎日でしたが、同級生とは十数年経った今でも楽しかったこと、辛かったことなど、何でも話せる良い友達であり親友となっています。
この仕事を続けていくうちに感じたことは、患者さんに笑顔で優しく声を掛けることはもちろんですが、患者さんに笑顔をもらっている自分に気付くときです。そんな時は、何とも言えず幸せな気分になりますし、疲れも飛んでいきます。そして何より、この仕事をしていて良かったと感じる瞬間です。
これからも、沢山の患者さんに笑顔を届けられる自分でいたいと思います。

投稿者:小児科病棟副主任 山田 美樹

前の記事へ 次の記事へ