心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「私がケアマネになったわけ」 介護センター室長 南 靖子

投稿日時:2011年3月29日 11:23 火曜日

私の元職場は2階、当時は関先生と木村副看護部長と東海林師長の下、のびのびと助産師(産婆さん)をしておりました。その時の仲間が「ケアマネを受けよう」と受験票を用意しくれたことがケアマネ人生への始まりでした。
 当時の看護部長から「介護センター準備室への異動について、2?3日後までに返事を頂戴」とまさかのお話…。「なんとまぁ、お産から高齢者介護への異動かぁ、異動命令なのだ!」と思い込み承諾しました。
 準備室へ異動してから数ヶ月、無事に平成12年4月を迎え介護保険制度がスタートしその後看護部長はじめ皆さんでお祝いをしてくださいました。そこでの話。「うちの病院には7人もケアマネがいたのに、誰も準備室を引き受けてくれなかったの」とまさかの事実。異動命令ではなく、まったくの私の思い込みで異動だったのです。
 それからかれこれ11年、人生異なもの味なもの。さまざまな方と出会い、知識も、態度も、そして体重も大きく育ちました。ケアマネ人生は楽しいです。

投稿者:介護センター室長 南 靖子

前の記事へ 次の記事へ