心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「NO TITLE」 外来副主任 豊田 智美

投稿日時:2010年2月25日 09:50 木曜日

お久し振りです。外来看護師の豊田です。今回2回目のリレーエッセイとなります。
さて、新型インフルエンザの猛威もおさまりつつある2月、皆様体調お元気ですか?

前回では、「ちょっと私の独り言」と題して、家族や食事のことを書きました。今日は、まったく繋がりはありませんが、「音」について(自己的見解ですが・・・)書いてみますね。

「音」。世の中には、さまざまな「音」があります。
人の笑い声、トラックのクラクション、診察呼び出し時の「ポーン」、鳥のさえずり、吹雪でガラスがガタガタ鳴る、掃除機の吸い込む音、パソコンのキーボードを叩く音・・・、本当に数え切れません。
以前お会いした人の中に、この「音」が「メロディ」に聞こえる(?)という方に出会いました。
この方は、幼少の頃から生活環境と「音楽(ピアノ)」とに密接な関わりがあり、絶対音感をお持ちの方でした。雨が降っている「ザーッ」という音を聴き、「シ♭に聞こえる。気分が悪くなる」と表現するのでした。
絶対音感を身につければ、音楽を心から楽しむことができ、ピアノはもちろんいろいろな楽器に楽に取り組めるようになると言われています。例えば、楽譜を見なくても耳で聞いただけですぐにピアノで弾くことが可能となったり、ピアノレッスンでは、絶対音感が身につくことで、暗譜も自然にできるようになるとも言われているようです。しかし、この方は、「絶対音感」を持っているがために、ちょっとした「不協和音(ここでは雨の音」もストレスとなってしまい身体がつらいようでした。
ちょっと横道にそれましたが、この数え切れない「音」はもちろん病院の中にも多く存在します。外来・病棟患者様の周りには、病院ならではの「音」がきっと耳につくことでしょう。
職員の歩くサンダルの音、何故かスタッフルームからの笑い声、ワゴンが廊下段差に引っかかった音、「○○さーん」と叫ぶ看護師の声、救急車のサイレン、夜間のモニター音、医療器具がカチカチと合う音、来院者の携帯アラーム音・・・。これもまた、たくさん。
このような環境で「不快」と感じる「音」は人によって違いますが、かなりの数が挙げられます。様々な「不快音」が飛び交う中に「快」と感じる「音」が聞こえても、あまり身体にプラスの効果は現れないでしょう。「聴覚」がある限り、全ての音から「快」のみを拾って聴くことは不可能に近いですよね、きっと(この考察に知識の限界を感じてしまう・・)。
今の外来は、患者様が「不快」と思われる「音」に囲まれながら採血を待ち、診察を待っている状況です。理想環境は、この待ち時間が少しでも「不快」と感じず経過される環境設定。クラシックが流れる中で本を読みながら待つ、そんな予約外来・・・。
是非、これから建設される新病院には、ゆったりと身体も心も可能な限り「不快」とならないような診療スペース・「音」を奏でられるよう、したいものです。森院長、是非患者様のために、いい病院を共に作っていきましょう!

それでは午前0時を回りましたので、これにてリレーエッセイ、失礼いたします。

投稿者:外来副主任 豊田 智美

前の記事へ 次の記事へ