心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「NO TITLE」 ICU副主任  上島 智子

投稿日時:2010年1月27日 09:42 水曜日

はじめまして、ICU副主任の上島智子です。皆様、冬をいかがお過ごしでしょうか?
私は今、南の島に来ています。以前のリレーエッセイで沼田主任が書いていたキャリアアップ研修と同じ研修に行かせていただけて
沖永良部徳洲会で研修をしています。沖永良部島は、沖縄の2つ上の島で、車だと全周1時間ちょっとで回れます。こちらは気温15度前後位で、暖かい冬を過ごしています。北海道からきた、という事は珍しくみなさん驚きます。ネームを胸元にぶら下げているのですが、名前を見て「内地のひとね?」を名字でばれてしまいます。ちょうど私の名前も、「上の島」と書くので、日本の一番上の島からきた看護師さん、と名前を覚えていただいています。看護という仕事は、どこの地域にいっても基本的なものは変わらなく、徳洲会の理念の下、看護させてもらっています。一番、こちらに来て困ることは・・、方言がわからないこと。高齢の方になるほど、こちらの言葉を話します。

私が覚えた言葉。
「みへでぃろ」・・・・ありがとう
「あがー」・・・・・・痛い
「あべー」・・・・・・あらー  まぁ などびっくりした時
「ぬん」・・・・・・・なに?
「しーばい」・・・・・おしっこ
です。単語なら何とか聞き取れますが、これが文章の中に組み込まれると、ほぼ英語(苦笑)。方言がわかりません。と言うとみなさんわかるように話してくれるのでなんとか救われています。今回の研修で思う事は、「人との出会いは宝」今までの人生、沢山の方たちと出会ってきました。今回も、院長、副院長、看護部長をはじめ、病院スタッフのみなさんとの出会い、患者さまとその家族様との出会い、また島の方との出会い、など島同様温かい人とのふれあいを感じました。こちらで温かさをもらった分、私も色々な人に温かさを配らないとと思いました。

今回、私の希望でこの研修に参加しました。スタッフの少ない中、私を快く行かせてくれたICUスタッフの皆様には本当に感謝しています。
スタッフのみんなに帰ったらいなかった分のお礼を心からしたいと思っています。これを見ている皆さんも、もし私を院内で見かけたら気軽に声をかけてくださいね(^-^)
まだまだ未熟な副主任ですが、頑張っていきます。

投稿者:ICU副主任  上島 智子

前の記事へ 次の記事へ