心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「NO TITLE」 産婦人科病棟副主任  小山内 奈津子

投稿日時:2010年1月6日 09:38 水曜日

徳洲会病院のHPをご覧の皆様、明けましておめでとうございます。産婦人科の小山内と申します。皆様は良い年を迎えられましたでしょうか?私はと言いますと、年明け2日から初仕事ということで、お正月気分を味わう間もなく走り回っておりました。
さて、私の所属する科は産婦人科。毎年めでたい元旦の分娩を楽しみに待っていますが、さすがの赤ちゃん達も元旦のめでたさと自分の誕生日を重ねたくないようでして、覚えている限り元旦の分娩は長年ない状態でございます。そういえば、元旦生まれの友達は自分の子供は絶対に元旦生まれにしたくないと言っておりました。めでたいことが重なるということは大変嬉しいことのように思っておりましたが、見る方向が違えばそうではなくなるのだなぁと勉強させられる一言でございました。
私事ではございますが、干支がいのししの私は周りが見えずに猪突猛進しがちでして、いつも周りにブレーキを踏んでもらい助けてもらっていることが多く・・・。今年はもう少しスピードを緩めて、周りの景色をゆっくり眺めながら、色々な方向から物事を考えられるように成長したいなぁなどと、HPで今年の抱負を述べている次第でございます。
昨今、世知辛い世の中に拍車をかけているようにも思えますが、別な角度から見るとまた違った世の中が見えてくるのではないかと思い、上から見たり下から見たりひねって見たり・・・。
皆さんは今年この世の中をどのようにご覧になるのでしょうか?願わくは、明るい虎年を過ごすことができますように・・・。

投稿者:産婦人科病棟副主任  小山内 奈津子

前の記事へ 次の記事へ