心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「NO TITLE」 外来主任  熊谷 志信

投稿日時:2009年12月22日 09:36 火曜日

こんにちは今回で2回目のエッセイとなります。
今年は、派遣切りからはじまった一年だったなぁと思い起こしています。
次にインフルエンザです。振り返れば インフルエンザに振り回された一年だった様におもいます。
厚労省の指針も二転・三転し、現場の私達も混乱させられました。
以下は私と友人の会話です。
友人 子供が熱をだしたの。でもまだ12時間たってないしインフルの検査をするのはまだはやいよね。薬は48時間以内に飲ませればいいし、明日の朝まで様子みて受診しようと思うの。
私  そうだね(そうそうその通り)
あまり早いと簡易検査では 反応でない事あるし 明日の午前中だと丁度いいね
翌日 午前中に連絡が入りました。インフルの結果です。
友人 やっぱりインフルでたわ。タミフルが処方になったよ
いやーでも良かった。
私  なんで?
友人 だって今流行りのインフルAだったから
新型だったら会社から通達がでているから、仕事も休まなきゃならないからさ
私  ・・・・・
私  それって新型インフルだと思うけど・・・・・
友人 えーーーーうそぉーーーーー
新型って言われてないよ?
私  今 流行りのA型は 新型インフルの事だよ
とまぁこんな感じです。
笑い話の様なホントにあった怖い話です。
メディアの報道も 不安を煽るような書き方ばかりが目立つので仕方がない事ないのかもしれませんね。
これからは季節型のインフルが流行る季節になります。
注意をしても防ぎきれないものもありますが、マスクをする、ウガイ・手洗いをする、
十分な睡眠をとる、バランスの良い食事をするなど心がけて行きたいものですね。

投稿者:外来主任  熊谷 志信

前の記事へ 次の記事へ