心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「NO TITLE」 4階病棟主任  竹島 裕美

投稿日時:2009年11月17日 09:29 火曜日

4歳の息子が通っている幼稚園で、今週末に「お遊戯会」があります。私の頃とは違い、日頃の成果と言うよりは、親に見せる・感動させる内容に仕上がっています。特に女の子の踊りは、もはやお遊戯ではなくダンスとなっています。衣装は全て手作りで、色つきのビニールを使って、これまた上手く作られています。(画像は娘の時のものです)
私はこのお遊戯会の係りなるものにあたっていて、先日予行練習に行ってきました。
仕事は、ただ子供たちに予定の演技の衣装を着せ替えるだけなのですが・・・。
衣装のみならず、小物の多いこと。また、つける位置にも配慮が必要です。34名の子供に大人が6~7名いても、追いつかない状態です。1人を着せていると、「着れなーい」「わからなーい」「寒ーい」と何人も寄ってき来ます。そんな中、うちの息子までもが「お母さーん、脱げない」と甘えるのです。思わず「自分の事は自分でしなさい」と冷たく対応するのでした。
その日たった2時間半で、私は最後放心状態でした。
そして、なぜか次の日変な部分が筋肉痛になっていました。

息子1人でも大変なのに、子供達が集団になるとその勢いは凄まじいものがあります。
それが、たった一言「すずらんさーん」(クラスはすずらん組です)と先生が大きな声で言うと子供たちは「はーい」と一斉に静かになるのです。
これは、入園後3ヶ月目にはすでに身についていた、魔法の言葉です。
他に、「とんとん、まーえ。とんとん、まーえ」と言われると、ぐちゃぐちゃの集団が、
一列に並びだすのです。
家でも試しましたが、息子に「え?お母さん、ここ家なんだけど。それは幼稚園でしかやらないんだよねぇ」と一蹴されてしまいました。
どうやったら、集団を操ることができるのか?と、興味があります。

職業は看護師だと言うと、「大変な仕事だね」とよく言われますが、幼稚園の先生は、人間形成の基礎を築く上での、大切な時期に大きく関わる仕事です。体力のみならず、忍耐力・気力が相当に必要だと思いました。今、私が思う一番大変な仕事は、幼稚園の先生となっています。
何はともあれ、週末のお遊戯会、間違えずに着替えさせる事が今の私の目標です。

投稿者:4階病棟主任  竹島 裕美

前の記事へ 次の記事へ