心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「NO TITLE」 透析室副主任  原 美希

投稿日時:2009年10月7日 09:19 水曜日

皆さん はじめまして。
さて突然ですが、みなさんは何か趣味をお持ちでしょうか?読書?音楽鑑賞?私にはこれといった趣味がなく、過去にさかのぼってみても、これというものが見当たりません・・・仕事が趣味?それでは淋しいですよね。唯一趣味らしいものは、小旅行でしょうか?趣味というよりは、願望に近いかも。どんな仕事でも生活の中にも、やはりストレスはつきものです。強気な性格上、ストレスとは無縁のように思われがちですが、意外と思い悩み眠れない日が続いたりします。

そんな時は、小旅行に出かけます。だいぶ前になりますが、飛行機に乗り、ドリカムのコンサートに行ってきました。毎回行ってる!!という方も多いのではないでしょうか。乗り物酔いが激しく、公園のブランコや映画館の空間にさえも酔ってしまう私・・朝一番の飛行機に乗り、電車を乗り継ぎ、コンサート会場に到着した時にはすっかりクタクタでした。でも、コンサートがはじまったとたんに、その疲れは吹っ飛び、幸せな時間を過ごす事ができました。本当に来てよかった!!この一言に尽きます。聞きなれた曲に感激し、懐かしい曲に涙を流し・・。あっという間に時間が流れます。このまま時間が止まって欲しいと心から思った瞬間でした。コンサートで酔いしれ、雰囲気の良い居酒屋で食事をして、果物狩りでお腹いっぱいイチゴ(←あきひめという北海道ではあまり見かけない種類でした)を食べまくり、満開の桜を満喫し、歴史のある神社にお参りし・・・。スケジュールは少々きつかったけれど、心から楽しい時間を過ごすことができました。日常生活でなかなか素の自分に戻れる時間は、少なかったりするのですが、心から素の自分に戻れた瞬間でした。

この小旅行に出発したのは、3月末。旅行から帰り、またいつもの毎日が始ります。10月になる今でも、1日の始まりは、通勤の車中で聴くドリカムの大阪LOVRです。なぜか朝なのに、ちょっぴり切ない曲なのですが・・。今、ストレスを抱え込み、悩んでいませんか?そんなとき、立ち向かっていくことももちろん必要ですが、時にはその場を離れてみるのもいいかもしれません。新しい自分を発見できるかもしれません。そんな心の余裕をいつでも持っていたいと思います。

しかし、この小旅行も連休をとらせてくれた、同僚達のおかげ!!だということを忘れてはいません。私が毎日忙しくて「もう辞めたい!!」と思いながらも、朝通勤してこられるのは、透析室看護師みんなの助けや笑顔があるからです。

本当にありがとう、こんな私ですがこれからもよろしくお願いします。

投稿者:透析室副主任  原 美希

前の記事へ 次の記事へ